@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オッフェンバック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オッフェンバック
Offenbach, Jacques
[生]1819.6.20. ケルン
[没]1880.10.5. パリ
フランス第二帝政時代の代表的オペレッタの作曲家。ドイツのマイン河畔のオッフェンバハに生れたユダヤ人の I.J.エーベルスト Eberstの子。父は通称 Offenbacherとして知られた作曲家で,父とともにパリに移住。 1833年パリ音楽院に入る。本名ヤーコブ・エーベルストをフランス名ジャック・オッフェンバックに改めてパリの楽壇に登場。 55年パリにオペレッタの一座を設立。『天国と地獄』 (1859) ,『うるわしのエレーヌ』 (64) などを発表。有名なオペラ『ホフマン物語』 (81) は未完で,死後 E.ギローによって完成された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オッフェンバック(Jacques Offenbach)
[1819~1880]フランスの作曲家。オペレッタを確立した。作品に「天国と地獄」「ホフマン物語」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

オッフェンバック
軽妙な作風を得意としたオペラ作曲家。オペレッタの原型を作ったとされる。本名はヤーコプ・レヴィ・エーベルスト(Jakob Levy Eberst)。

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

オッフェンバック【Jacques Offenbach】
1819‐80
オペレッタの作曲家。パリで育ち,フランスに帰化したユダヤ系ドイツ人。本名はヤーコプ・エーベルスト。チェロ奏者としてデビューしたが,1855年からブッフ・パリジャン劇場を主宰,自作の1幕オペレッタを多数上演して大成功をおさめた。代表作に《地獄のオルフェ》(1858。邦題《天国と地獄》),遺作のオペラ《ホフマン物語》(1881,ギローが補筆完成)などがある。【片山 千佳子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オッフェンバック【Jacques Offenbach】
1819~1880) フランスの作曲家。ドイツ生まれ。オペラ-コミックやオペレッタの作曲家として活躍。代表作「天国と地獄」「美しいエレーヌ」「ホフマン物語」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オッフェンバック
おっふぇんばっく
Jaques Offenbach
(1819―1880)
フランスのオペレッタ作曲家。6月20日ドイツのケルンでユダヤ人の家庭に生まれる。14歳のときにパリに移り、劇場のチェロ奏者を務めながらアレビーに作曲を学んだ。チェロの小品や歌曲などの作曲・編曲を手がけたのち、1839年以後舞台音楽を次々に発表した。55年シャンゼリゼにブーフ・パリジャン劇場を開設し、58年『地獄のオルフェウス』(邦題『天国と地獄』)で人気を獲得した。その後『美しいエレーヌ』(1864)をバリエテ劇場で初演し、オペレッタ作曲家としての名声を不動のものにした。以後おもにバリエテ劇場で『パリの生活』(1866)、『ジェロスティン大公夫人』(邦題『ブン大将』1867)、『ペリコール』(1868)などの傑作を発表した。70年プロイセン・フランス戦争が勃発(ぼっぱつ)、ナポレオン3世による第二帝政の崩壊により、オッフェンバックの作曲活動はその基盤を失った。一時期イタリア、スペインに逃れ、アメリカを旅した彼は、晩年にオペラの創作に向かい、E・T・A・ホフマンの作品に基づく『ホフマン物語』の完成に努めたが、80年10月5日、完成目前に世を去った。「ホフマンの舟歌」で有名なこの作品は、オッフェンバックの死の翌年、ギローの補筆により初演された。
 オッフェンバックのオペレッタは、明快で親しみやすい旋律、効果的なオーケストラの用い方、音色の変化、ワルツやカンカンなどの踊りの積極的な導入、歌詞自体の滑稽(こっけい)さなどにあふれたものである。台本はおもにメイヤックとアレビー(前記の同名作曲家の甥(おい))の共作になり、その神話や伝説を題材にして繰り広げられる風刺は、音楽とともに、第二帝政の時代と社会に密接に結び付いたものであった。ロッシーニは彼を「シャンゼリゼのモーツァルト」とよび、哲学者ニーチェも彼の音楽を愛した。日本では大正期の浅草オペラ時代(1916以降)から彼の主要作品が紹介されてきた。[美山良夫]
『クラカウアー著、平井正訳『天国と地獄――ジャック・オッフェンバックと同時代のパリ』(1978・せりか書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オッフェンバック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オッフェンバックの関連情報

関連キーワード

橋本宗吉おらが春シンガポール(国)ベートーベンアンベールブリジェンス石田春律各務文献振鷺亭林国雄

他サービスで検索

「オッフェンバック」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation