@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オトコヨモギ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オトコヨモギ
Artemisia japonica
キク科の多年草。日本全土,アジア東部から南東部,アフガニスタンに分布し,日当りのよい平地,山地に生える。全草ほとんど無毛。は高さ 50~100cm,上方で分枝する。葉は互生し濃緑色。茎上部の葉は小型で線形中部の葉は楔形で長さ4~6cm,上半部に歯状鋸歯があり,下半部は縁がなめらかで基部に向って細まる。葉柄はない。8~11月,約 1.5cmで淡黄色,卵形の頭花を円錐状に多数つける。総包は緑色,外片は小さく卵形で先が鋭く,内片は楕円形で先が丸い。種子がきわめて小さく,ないものと思って雄のヨモギでこの名がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おとこよもぎ【オトコヨモギ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オトコヨモギ
おとこよもぎ / 牡蒿
[学]Artemisia japonica Thunb.
キク科の多年草。全草に毛がなく、茎は高さ0.4~1.4メートル。上方で多少枝が出る。葉はくさび形で、先が広まり、いくつかの浅い鋸歯(きょし)がある。上部にある葉は小形の線形で鋸歯がない。根元にへら形のロゼット状の葉があるが、この葉と茎下部の葉は開花時には普通は枯れている。8~11月、茎上部に円錐(えんすい)花序をつくり、多数の頭花をつける。頭花は卵状球形または長楕円(ちょうだえん)状球形で、長さ2ミリメートル、幅1.5ミリメートルと小さい。頭花の縁(へり)に雌性の小花があり、中に両性の小花がある。両性の小花は不稔(ふねん)。痩果(そうか)は長楕円形で長さ0.8ミリメートル、無毛。日本全土の日当りのよい山地に生育し、東アジアに広く分布する。名は、種子が小さいので、種子をつくらない雄と思い、牡(おす)の蒿(よもぎ)とつけたという。[小山博滋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オトコヨモギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オトコヨモギの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation