@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オナガバチ(尾長蜂)【オナガバチ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オナガバチ(尾長蜂)
オナガバチ
膜翅目ヒメバチ科の昆虫のうち,Megarhyssa属,Rhyssa属など,長い産卵管をもつものの総称。各種のキバチの幼虫に寄生する。体長 30~40mmで,大型のものを含む。触角,翅,肢部,腹部ともいずれも長い。オオホシオナガバチ M.japonicaは体長 30~40mm,赤褐色ないし黒褐色の体に鮮明な黄色の斑紋をもつ種で,前翅先端寄りに赤褐色紋をもつ。日本本土ならびに朝鮮半島,中国に分布。オオアメイロオナガバチ M.groliosaは体長 40mm内外で,赤褐色の体に不鮮明な黄色の斑紋をもつ。本州からサハリンまでに分布する。ほかにジョウザンオナガバチ R.jozanaや別属のオナガバチも知られる。これらは産卵管を材に突き立てて木材害虫のキバチ幼虫を探りあて,これに産卵するので,益虫となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オナガバチ(尾長蜂)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オナガバチ(尾長蜂)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation