@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オフショア市場

デジタル大辞泉

オフショア‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【オフショア市場】
offshore market》外国から資金を調達して他国へ融資するため、国内の金融・税制・為替管理上の規制を緩和ないし撤廃し、国内金融市場と切り離した形で運営される市場。一般的には源泉所得税は課されず、税制・金融政策上の制約が少ない。日本では、東京市場の国際化を図り、円の国際化を推進すべく、昭和61年(1986)に東京オフショア市場JOM)が創設された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外国為替用語集

オフショア市場
主に非居住者(外資)向けの金融市場。規制や課税方式などを国内市場とは切り離し、比較的自由な取引を認めている。岸から離れた市場という意味

出典:(株)マネーパートナーズ

大辞林 第三版

オフショアしじょう【オフショア市場】
海外から調達した資金を海外に融資するため、金融規制・税制面で優遇されている国際金融市場。日本では1986年(昭和61)東京に開設された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オフショア市場
オフショアしじょう
offshore market
別名オフショア・センター。非居住者からの資金調達および非居住者に対する資金運用,いわゆる域外での「外-外」取引を金融上あるいは税制上の制約の少い自由な取引とすることを目的とした国際金融市場。代表的な市場にはロンドンシティ,ニューヨークの International Banking Facility (IBF) ,シンガポールの Asian Currency Unit (ACU) などがある。日本では 1986年 12月から正式に東京オフショア市場が開設された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オフショア‐しじょう ‥シヂャウ【オフショア市場】
〘名〙 (オフショアはoffshore) 海外から調達した資金を自由に海外に融資するための市場。国内金融市場とは別に運営され、国内の金融規制を受けず、税金面でも優遇される。東京市場は昭和六一年(一九八六)発足。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフショア市場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オフショア市場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation