@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産【オフリドちいきのしぜんいさんおよびぶんかいさん】

世界遺産詳解

オフリドちいきのしぜんいさんおよびぶんかいさん【オフリド地域の自然遺産及び文化遺産】
1979年に自然遺産、1980年に文化遺産に登録されたマケドニアの世界遺産(複合遺産)で、オフリド湖北東岸に位置する。この地域には3世紀末にキリスト教が伝わり、後にスラブ人の宗教文化都市となった。11世紀初頭には聖ソフィア聖堂が建造され、「キリストの昇天」などのフレスコ画が描かれた。13世紀には、聖クリメント聖堂など300もの教会が存在したといわれる。また、500万年前に誕生したオフリド湖は、透明度が高く美しい、ヨーロッパ最古の湖として知られる。1979年に「オフリド湖」として自然遺産に登録されたが、周辺の聖ヨハン・カネオ聖堂などが評価され、翌1980年には文化遺産にも追加登録されて複合遺産となった。◇英名はNatural and Cultural Heritage of the Ohrid region

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オフリド地域の自然遺産及び文化遺産の関連情報

関連キーワード

近藤芳美黒人問題山田洋次印僑荒川洋治醸造業金壽根シーゲルサリー フィールド神代辰巳

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation