@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オフ・オフ・ブロードウェー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オフ・オフ・ブロードウェー
Off-Off Broadway
1960年代,商業主義的なブロードウェー演劇,それに追随するオフ・ブロードウェー演劇に対抗して,実験的な演劇革新を実践したアメリカの演劇運動の総称。カフェ・チノといったカフェやラ・ママ実験劇場に代表される定員 100名以下の小劇場,さらにロフトなどの空間を利用した劇場など,既成の劇場以外の場所での上演を特徴とする。この運動のなかから,オープン・シアター The Open Theatreやパフォーマンス・グループ The Performance Groupなど,身体性を重視した演技で世界の演劇に大きな影響を与えた劇団や,斬新な手法でアメリカの現実をえぐった S.シェパードらの劇作家が登場した。 70年代後半以降,運動としての勢いは衰えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おふおふぶろーどうぇー【オフ・オフ・ブロードウェー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オフ・オフ・ブロードウェー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オフ・オフ・ブロードウェーの関連情報

関連キーワード

新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation