@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オペラ・ブッファ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オペラ・ブッファ
opera buffa
18世紀に栄えたイタリア風の喜歌劇。 G.B.ペルゴレージの『奥様になった女中』 (1733) は,この分野最初の典型的作品である。オペラ・セリアに比べて題材,形式ともに自由で笑劇的筋立てのなかに感傷的,抒情的要素を交える。のちのモーツァルトの『フィガロの結婚』『ドン・ジョバンニ』やロッシーニの『セビリアの理髪師』もこのジャンルの名作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おぺらぶっふぁ【オペラ・ブッファ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オペラ・ブッファ
おぺらぶっふぁ
opera buffa イタリア語

18世紀に生まれた喜劇的オペラ。従来のオペラの幕間(まくあい)に上演された音楽喜劇「インテルメッツォ」から発展し、独立したもので、オペラ・ブッファの登場により、従来のオペラはオペラ・セリアとよばれるようになった。場面をつなぐレチタティーボやアンサンブルによるフィナーレが重要視され、バスの役が加わったことなどに大きな特徴がある。18世紀中葉以降、パイジェッロ、チマローザらの活躍によってオペラ・セリアをしのぐほどの人気を得、19世紀初頭のロッシーニの諸作で最盛期を迎えた。しかし、ドニゼッティのころから叙情的な要素が強くなり、19世紀中葉にはブッファ的要素はオペラ・セリアのなかに吸収されて、オペラ・ブッファはほとんど姿を消した。

[今谷和徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オペラ・ブッファ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オペラ・ブッファの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation