@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オペラ座【オペラザ】

デジタル大辞泉

オペラ‐ざ【オペラ座】
l'Opéra de Parisパリ国立歌劇場の通称。1671年に開設され、現在のネオバロック様式の建築は、J=L=ガルニエの設計で、1875年に完成。ガルニエ宮

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オペラざ【オペラ座 l’Opéra de Paris】
パリのオペラ,バレエ専門の国立劇場。国立音楽・舞踏アカデミーAcadémie nationale de Musique et de Danseと称し,その起源は,1671年ペランPierre Perrinがルイ14世の勅許を得て創立した王立音楽・舞踏アカデミーにさかのぼる。現在の劇場はその時点から数えて13番目に当たり,19世紀の劇場・歓楽街であったいわゆるグランブールバール右寄り地点に位置する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オペラざ【オペラ座】
パリにある旧フランス国立オペラ劇場。現在の建物は一九世紀にガルニエ(J. L. Garnier1825~1898)が設計。のち、シャガールが天井画を描く。1989年バスティーユに新オペラ座開設後は、バレエ専用となる。通称ガルニエオペラ座。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オペラ‐ざ【オペラ座】
(L'Opéra) パリにある国立歌劇場。一六七一年開場。現在のネオバロック風建築は一八七五年完成。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オペラ座
おぺらざ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オペラ座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オペラ座の関連情報

関連キーワード

ナンシー(Jean-Luc Nancy)マリオンアンリシモンドンブルデューパリ・コレクションイリガライドアノービリリオエクリチュール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation