@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オランダ通詞【オランダつうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オランダ通詞
オランダつうじ
江戸時代,オランダとの貿易事務において通訳と税関吏とを兼ねた役人。初め平戸におかれ,寛永 17 (1640) 年以後長崎に移った。明暦2 (56) 年,大通,小通詞の階級を,元禄9 (96) 年にはオランダ通詞目付をおくなど階級,組織が整備され,1人の目付の下に大通詞,小通詞,小通詞助,小通詞並,小通詞末席,稽古通詞,内通詞などがそれぞれ若干名ずつおかれ,その数は幕末には約 140人に達した。通詞は世襲で,西,志筑吉雄本木,楢林などの諸家は有名 (→志筑忠雄 , 本木良永 , 森山多吉郎 ) 。最初は通訳だけに限られ,洋書を読むことは禁じられていたが,享保年間 (1716~36) 頃から緩和され,オランダ商館の医師について西洋の諸科学の知識を得,洋学輸入の先駆となったものも多い。オランダ人は通詞のことを tolkといい,通詞仲間のことを tolkencollegieと称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オランダ‐つうじ【オランダ通詞】
江戸時代、長崎でオランダとの貿易や外交に通訳を務めた人。蘭通詞

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おらんだつうじ【オランダ通詞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オランダ通詞
おらんだつうじ
江戸時代、オランダとの交渉にあたった通訳。近世初期にはポルトガル語が広く用いられ、通詞のオランダ語の能力は不十分だったが、鎖国以後しだいに学力が向上し、のちには蘭学(らんがく)の研究に従事する者もあった。通詞は名村、楢林、吉雄(よしお)など三十数家で世襲とされ、稽古(けいこ)通詞、小通詞、大通詞の順に昇進したが、のちには細分化して13段階となり、幕末には通詞の総数は約140人となった。通詞会所は出島(でじま)内にあり、当番1~2名が昼夜詰め、また江戸番通詞は商館長の参府に同行した。通詞の役料はそれほど多くなかったが、輸入品の仲介により、多額の収入を得ていた。[永積洋子]
『片桐一男・服部匡延校訂『年番阿蘭陀通詞史料』(1977・近藤出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

オランダ通詞
オランダつうじ
江戸時代,オランダとの貿易の通訳と税関吏を兼ねた役人
「オランダ通事」とも書き,阿蘭陀訳詞ともいう。初め平戸に置かれ,1640年から長崎に置かれた。代々世襲で,西・志筑家などがあげられる。はじめ洋書を読むことは禁じられていたが,享保(1716〜36)ころから許され,洋書の翻訳著述で洋学研究の先駆となったが多い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オランダ通詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オランダ通詞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation