@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オリエンタリズム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オリエンタリズム
Orientalism
東洋研究または東洋趣味を意味する概念として使用されてきた言葉だが,アメリカの文学者 E.W.サイードが同名の著作 (1978) を発表してから植民地主義的な思考の総体を意味するようになった。東洋 (第三世界) についての観念は同地域の現実を客観的に表象したものではなく,植民地支配を正当化するために西欧の側から一方的に強制された差別的な偏見の総体とされる。受動性,肉体性,官能性といった異国情緒的な東洋イメージは西欧文明の優位性を保証すると同時に,現実の植民地支配を合理化する根拠としても利用されたのである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オリエンタリズム(Orientalism)
オリエント世界(西アジア)へのあこがれに根ざす、西欧近代における文学・芸術上の風潮。東洋趣味。
東洋の言語・文学・宗教などを研究する学問東洋学

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オリエンタリズム【Orientalism】

[オリエントへの好奇まなざし
 ヨーロッパ人のオリエント(中近東北アフリカ,ときにアジア全域をも含む)の風俗事物に対する趣味と好奇心をいう。その萌芽的現象としては16世紀のベネチアのような,東方世界との接触の機会の多い場所で例がみられるが,おもに18世紀にはじまり19世紀の前半全盛期を迎える。このことは,この現象が,文明の接触というよりむしろヨーロッパ文明自身が内包する問題――キリスト教への不信物質文明による人間疎外など――に起因していると言えよう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オリエンタリズム【orientalism】
東洋の言語・文学などの研究。オリエント学。東洋学。
(近世ヨーロッパにおける文学上・芸術上の一風潮としての)東方趣味。異国趣味。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オリエンタリズム
おりえんたりずむ
orientalism
近世ヨーロッパにおける文学・芸術上の一風潮で、東方趣味の意。この呼称に含まれる「オリエント」の概念は、考古学や歴史学上のオリエントほど厳密なものではなく、極東やアフリカ北部までも含み、ヨーロッパからみた東方世界全体をさす。ナポレオンのエジプト遠征、アルジェリアのフランスへの併合などによって、オリエントはあこがれの対象を超えて、身近な興味と関心の対象となり、とりわけフランス人とイギリス人はオリエントと深い接触をもつようになり、その結果オリエンタリズムとよばれる作品や研究が18世紀から19世紀にかけて多数生み出された。[高見堅志郎・久米 博]

文学・芸術上のオリエンタリズム

文学では、18世紀のモンテスキューの『ペルシア人の手紙』やボルテールの『マホメット』などは啓蒙(けいもう)思想的観点から東西の文明比較を行い、19世紀にはユゴー、シャトーブリアン、ラマルチーヌ、フロベールらが東方に題材をとり、ロマン主義の一要素である異国趣味(エキゾチシズム)あふれる作品を発表した。
 フランス美術界では、ジュール・ロベール・オーギュストJules Robert Auguste(1789―1850)は初めてオリエントを題材にした画家の一人であり、またオリエントの装飾品のコレクターでもあった。しかし事実上オリエンタリズムを導いたのは、1832年にモロッコやアルジェリアを旅行して『アルジェの女たち』などの傑作を残したドラクロワである。ドラクロワののち、ドゥカンAlexandre Decamps(1803―60)、フロマンタンEugne Samuel Auguste Fromentin(1820―76)らが東方主題を好んでとりあげた。これらの画家は狭義のオリエンタリストとよばれる。その多くは異国情緒に興味を示したものであるが、輝かしい色彩の発見など、美術史に貢献した要素も見逃せない。オリエントへの関心はこれらロマン派の画家たちばかりでなく、アングル、シャルダン、シャッセリオ、ジェロームJean Lon Grme(1824―1904)ら、新古典主義者たちにも共通してあった。なかでもアングルの『グランド・オダリスク』や『トルコ風呂』が有名である。
 オリエントを極東にまで拡大すれば、シノワズリーchinoiserieやジャポニスムjaponismeも広義のオリエンタリズムに含まれよう。シノワズリーは中国風、中国趣味の意味で、大航海時代以降、中国の文物がヨーロッパにもたらされ、それに影響されて17世紀後半から18世紀後半にかけて中国風の家具、陶磁器、織物、版画、庭園がヨーロッパに登場した。ジャポニスムは日本風、日本趣味の意味で、19世紀後半フランスでゴンクール兄弟の紹介で始まった日本美術への趣味をさす。とくに浮世絵は広く収集・愛好されて印象派の絵にも影響を与えた。ジャポネズリーともよばれる。[高見堅志郎・久米 博]

文化支配様式としてのオリエンタリズム

オリエンタリズムという語は、エドワード・サイードが1978年に発表した著書『オリエンタリズム』の影響によって、従来の東方趣味、東方研究という以外の語義を帯びるようになった。彼はこの著書で、そもそもオリエントやオリエンタリズムとは西洋人が一方的につくり上げた概念であるとして、その概念自体を批判した。
 18世紀以来西洋人は東方世界に旺盛(おうせい)な興味を抱き、軍事的、商業的、芸術的、学術的とさまざまな目的でオリエントと交渉をもち、その結果膨大な文献が生み出された。サイードによれば、1800年から1950年までにヨーロッパで近東を扱った書物は6万冊に上り、体系的なオリエント学が成立したのである。それらの全体をサイードは、ミシェル・フーコーにならってディスクール(言説)としてとらえる。サイードはこの言説としてのオリエントを綿密に検討し、分析して、「オリエンタリズムは西洋の東洋に対する文化的支配の様式であり、したがってそれはヨーロッパ人の自民族中心主義(エスノセントリズム)の所産にほかならない」ということを、つぶさに、執拗(しつよう)に論証するのである。
 ここでいうオリエントとは、主として中近東、北アフリカのイスラム的オリエントをさす。イスラム世界はキリスト教世界に近接し、ヨーロッパ人にとってたえず地理的、文化的に不安をかきたてる存在であった。イスラム世界は8世紀から16世紀までは、ヨーロッパ世界に対し、政治的、文化的に優位に立っていた。ルネサンス(文芸復興)を準備した人文主義(ユマニスム)もイスラム世界を経由してギリシア、ローマ文化がヨーロッパ世界に摂取されたものであった。やがてそれが逆転し、19世紀から第二次世界大戦まではイギリス、フランスがオリエントとオリエンタリズムを支配し、大戦後はアメリカがそれを引き継いだ。オリエンタリズムにはこうしたヨーロッパのオリエントに対する優越関係が色濃く反映している。ヨーロッパ人は自分たちに対する「他者」として、二項対立をなすようにオリエント像をつくり上げる。すなわちヨーロッパと比較してオリエントはつねに、後進的、受動的、停滞的、非合理的、官能的、等々なのである。そしてヨーロッパ人は、失われた過去の古典的なオリエントの偉大さを回復してやるのが西洋の使命であると自負するようになり、それは欧米の植民地主義の根拠の一つとなった。
 そうした言説の典型的な例として、サイードはオリエンタリズムの創始者シルベストル・ドゥ・サシAntoine-Isaac Silvestre de Sacy(1758―1838)とその継承者エルネスト・ルナンをあげる。18世紀末にヨーロッパ人はサンスクリット語を発見し、それがヘブライ語よりも古く、インド・ヨーロッパ語族に属することがわかると、ヘブライ語やアラビア語などの「セム語」とインド・ヨーロッパ語との関係は逆転する。セム語学者のルナンは、セム語をインド・ヨーロッパ語と比べて、倫理的にも生物学的にも堕落した形態であると断定する。ルナンはセム語をさらに一般化して、「セム族」という類型をつくりだし、それをアーリアンと比較して「人間性の劣悪な配合」とみなすのである。しかしこうした「セム語」「セム族」といった概念は、サシやルナンによる文献学の実験室での創造物にほかならない、とサイードは強調する。
 サイードのこの著書は、発表直後から賛否両論を巻き起こした。それはまたオリエンタリズムに限らず、異文化理解の困難さを示している。異文化を理解しようとしても、それは結局自分の言語や文化の枠組みでそれを「表象」することに帰するからである。サイードのこの著書のもたらした影響の一つは、オリエントの芸術を西洋的偏見なしに、それ自体として発見し、評価しようとする動きが現れたことである。[久米 博]
『E・W・サイード著、四方田犬彦訳『パレスチナへ帰る』(1999・作品社) ▽E・W・サイード著、大橋洋一訳『文化と帝国主義1』(1988・みすず書房) ▽E・W・サイード著、大橋洋一訳『知識人とは何か』(1988・平凡社) ▽E・W・サイード著、山形和美訳『世界・テキスト・批評家』(1988・法政大学出版局) ▽E・W・サイード著、今沢紀子訳『オリエンタリズム 上下』(1993・平凡社) ▽板垣雄三著『歴史の現在と地域学 現代中東への視角』(1992・岩波書店) ▽P・A・コーエン著、佐藤慎一訳『知の帝国主義 オリエンタリズムと中国像』(1988・平凡社) ▽今福龍太著『クレオール主義 The Hetherology of Culture』(1991・青土社) ▽稲賀繁美著『講座二十世紀の芸術1 十九世紀フランス絵画とその外部 オリエンタリズムをめぐって』(1989・岩波書店) ▽彌永信美著『歴史という牢獄 ものたちの空間へ 「問題としてのオリエンタリズム」』(1988・青土社) ▽西川長夫著『国境の越え方 比較文化論序説』(1992・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オリエンタリズム
〘名〙 (orientalism)
① 東洋の精神文化を高揚し、それを取り入れようとする立場。主として西欧における東洋主義。東洋趣味。
② 東洋の文化や習俗、特に言語、文学、宗教などを研究する学問。東洋学。
③ 一九世紀のフランス画壇の一派の風潮。古典派の画題の因習性を破り、近東諸国やアフリカの強烈な自然と多彩な風俗に新しい主題を求めた。この派の画家にはドラクロワやフロマンタンなどがいる。
④ 西洋の、中近東や東洋に対する特別視や偏見をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリエンタリズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オリエンタリズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation