@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オリゴマー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オリゴマー
oligomer
一般に,分子量が1万以下の低重合体をいうが,その範囲は明確なものではない。オリゴマーは低分子高分子の中間の性質をもち,現在までに種々の液状または固体のオリゴマーが合成されている。オリゴマーは塗料,接着剤,潤滑剤,可塑剤,化粧品などの各種用途のほか,合成原料としても使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリゴマー
oligomer
蛋白質の完成した1分子が数個のサブユニットから成る場合に,サブユニットの各1個をプロトマーといい,完成した蛋白質分子をオリゴマーという。たとえば,ヘモグロビンの場合,各2個ずつのα鎖およびβ鎖はプロトマーであり,2個ずつのαおよびβが α2β2 の形に組合わさったものがオリゴマーである。同一のオリゴマーは,周囲の条件および結合する分子によって,わずかずつ異なる立体構造をとることが可能で,これをその蛋白質の四次構造という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オリゴマー(oligomer)
同種の分子の数が2個から多くても20個程度からなり、比較的に分子量の低い重合体
[補説]例えば、ヘモグロビンは2種類のポリペプチド鎖が2本ずつ会合したオリゴマーたんぱく質である。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

オリゴマー
 いくつかの高分子の単位(例えばタンパク質),もしくは低分子の単位(単糖,ヌクレオチド,アミノ酸)が結合したもの.構成する単位の数によってダイマー,トリマー,テトラマーなどといい,オリゴマーはこれが数個までのもの.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オリゴマー【oligomer】
高分子化合物の生成反応において,原料のモノマー(単量体)から生成するポリマー(重合体)のうち,比較的重合度の低いものをいう。オリゴマーを定義する明確な重合度があるわけではないが,一般に二量体,三量体から分子量1000程度のものを指す。オリゴマーには高重合度のポリマーとは異なる用途があり,たとえばプロピレンのオリゴマーは界面活性剤の原料として用いられている。【井上 祥平】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オリゴマー
おりごまー
oligomer

単量体(モノマー)が低い程度に重合してできた重合体で、分子量は1000以下のものをいう。高分子化合物がその機械的強度などの実用的性質を示すためには、分子量が少なくとも数万程度以上を必要とする。オリゴマーは高分子物質の性質を示さず、一般の有機化合物と同じように減圧蒸留分離も可能である。重合反応を、四塩化炭素のような連鎖移動がおこりやすい溶媒中で行うと、極度に低いオリゴマーを生成させることができる。このようなビニル重合の一方法をテロメル化(短鎖重合)といい、用いられる連鎖移動剤をテローゲン、単量体をタキソーゲン、生成したオリゴマーをとくにテロマーという。このテロマーを減圧蒸留で分離して、各種工業製品の原料としている。

[垣内 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オリゴマー
〘名〙 (oligomer) 比較的分子量の小さい重合体。例えばペプチドではアミノ酸五ないし一〇以下で構成されるもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

オリゴマー
オリゴマー
oligomer

一般に,重合度の低い重合体のことをいう.オリゴマーには,構造上鎖状オリゴマーと環状オリゴマーが,また組成上ホモオリゴマーとコオリゴマーが,それぞれ存在する.オリゴマーとポリマーの区別は必ずしも明確にはできないが,構成単位の数が数個(1~3個)変化すると,大きく物性が変化するものをオリゴマーという.オリゴマー(重合度)の合成法をオリゴメリ化(oligomerization)という.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリゴマー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オリゴマーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation