@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オリンピック種目【オリンピックシュモク】

デジタル大辞泉

オリンピック‐しゅもく【オリンピック種目】
オリンピック大会の競技の種目オリンピック憲章によると、陸上競技体操競技ボクシングレスリング柔道フェンシングウエートリフティング射撃馬術水上競技ヨット弓術ホッケーハンドボールバスケットボールバレーボールサッカー自転車近代五種競技テニスなどで、このうち15種目以上の競技は必ず行うものとされている。冬季には、スキースケートアイスホッケーボブスレーなどの種目を行う。
[補説]オリンピック種目として認定されるためには、男子は3大陸・50か国以上、女子は3大陸・35か国以上で行われていること、世界選手権大会または大陸別選手権大会が二度以上実施されていることなどが条件となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オリンピック‐しゅもく【オリンピック種目】
〘名〙 オリンピックに採用されている競技種目。古代オリンピックで最初に採用されたのは短距離競走で、のちに四頭だての戦車競走など特殊な種目が加えられた。近代オリンピックでは、陸上競技、体操、ボクシング、レスリング、柔道、フェンシング、ウエートリフティング、射撃、馬術、水上競技、ヨット、アーチェリー、ホッケー、ハンドボール、バスケットボール、バレーボール、サッカー、自転車、近代五種、野球、テニスなどがあるが、このうちの一五種目以上の競技を行なわなければならない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オリンピック種目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オリンピック種目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation