@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オルフィスム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オルフィスム
Orphisme
詩人アポリネール造語。 1911年または 12年ベルリンで R.ドローネーの展覧会が開催された際行われた彼の講演のなかで最初に用いられた。アポリネールはピカソやブラックの初期のキュビスムから構築的性格を継承しつつ,その色彩の限定的使用法と静的画面構成に代えて,印象派の純粋色がつくるダイナミズム未来派の運動表現を導入し,しかも外界の客観的な再現から自由であるドローネー,F.クプカピカビアらの当時の絵画の新しい動きに対して,ギリシア神話中の音楽の名手オルフェウスの名を冠し,彼らの探究を詩と音楽の営みになぞらえた。この傾向は抽象絵画に先鞭をつけることになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おるふぃすむ【オルフィスム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オルフィスム
おるふぃすむ
orphismeフランス語
1912年ごろからロベール・ドローネーを中心にして始められた一画風をいう。詩人アポリネールが、ギリシア神話の音楽神オルフェウスにちなんで命名した。ドローネーは自らキュビスムを取り入れながらも、その形体重視による色彩の排除という点に反発し、明るく豊潤な色彩を導入することを主張した。印象派や新印象派の明るい色彩を取り戻そうと、シュブルールの色彩論を学び、色彩の対照法を理論的に修得した彼は、イタリア未来派の影響も相まって、色彩と形体の組合せにダイナミックな運動感を導き入れ、画面に音楽的なリズムと旋律をもたらした。色彩の音楽的、詩的イメージを具体的対象から離れて純粋に追求したオルフィスムの絵画は、カンディンスキー、モンドリアンと並んで抽象絵画の出発点ともなった。ドローネーのほかにはフェルナン・レジェ、フランシス・ピカビア、デュシャン、デュシャン・ビヨンらの名があげられる。[千葉成夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルフィスム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オルフィスムの関連情報

関連キーワード

牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation