@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オルレアン公ルイ【オルレアンこうルイ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オルレアン公ルイ
オルレアンこうルイ
Orléans, Louis, Duc d'
[生]1372.3.13. パリ
[没]1407.11.23. パリ
フランスの王族。シャルル6世の弟。初のバロア伯であったが,1386年トレーヌ領を受け,92年これをオルレアン公領と交換した。 86年ミラノ公の娘と結婚,持参金としてイタリア北部の領地を得,ここに王国を建てる野心をいだいた。兄王が精神の健康を害すると叔父のブルゴーニュ公フィリップ (剛勇公)との間に権力闘争が生じ,その死後は,その息子ジャン (無畏公)と争った。 1407年ルイがジャンに暗殺されると,アルマニャック派ブルゴーニュ派に分れて,後期百年戦争中のフランスで長い抗争が始った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オルレアン公ルイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オルレアン公ルイの関連情報

関連キーワード

文中高血圧二条良基応安仮面高血圧高血圧患者のみかたマツコ・デラックスウエルター級簡易裁判所スーパーライト級

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation