@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オレンボー朝【オレンボーちょう】

世界大百科事典 第2版

オレンボーちょう【オレンボー朝 Oldenborg】
デンマーク・ノルウェー王朝。1448‐1863年(ノルウェーでは1814年まで)。ドイツのオルデンブルクOldenburgに発する伯爵家のクリスティアンChristian(のち1世)が,1448年にデンマーク王に推戴され,開祖となり(在位1448‐81),2人の息子ハンス(在位1481‐1513),フレゼリク1世(在位1523‐33)から2系統のオレンボー家が発する。前者クリスティアン2世(在位1513‐23)の死によって断絶し,後者はフレゼリク6世(在位1808‐39)まで続く。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オレンボー朝
おれんぼーちょう
Oldenborgske Linie

1448~1863年のデンマーク・ノルウェーの王朝(ノルウェーでは1814年まで)。11世紀に発するドイツ・オルデンブルクOldenburg伯爵家のクリスティアンChristian Ⅰが1448年にデンマーク王に推戴(すいたい)され、オレンボー朝の開祖となる(在位1448~81)。2人の息子ハンスHans(在位1481~1513)およびフレゼリク1世Frederik Ⅰ(在位1523~33)から2系統の王家が発する。前者はクリスティアン2世(在位1513~23)の死によって断絶し、後者はフレゼリク6世(在位1808~39)まで長子相続が続く。クリスティアン3世(在位1534~59)は弟のアドルフとスリースウィ(シュレスウィヒ)とホルシュタインの諸領を分割し、アドルフからはゴトープ家が発する。フレゼリク2世(在位1559~88)の弟ハンスからはグリュックスボー家(旧家)、アウグステンブルク家が派生した。フレゼリク6世の叔父でありクリスティアン7世(在位1766~1808)の弟であるフレゼリク皇太子(1753―1805)の嗣子(しし)がクリスティアン8世(在位1839~48)としてフレゼリク6世のあとに即位し、その子フレゼリク7世(在位1848~63)を最後にオレンボー家は断絶した。デンマーク王家は、フレゼリク7世の従妹(いとこ)にあたるヘッセン・カッセル家のルイーセの配偶者、グリュックスボー家(新家)のクリスティアンによって受け継がれグリュックスボー朝へ移行する。

[村井誠人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オレンボー朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オレンボー朝の関連情報

関連キーワード

赤松則繁ヨハネス[8世]ウゲットオルデンブルク王家鄧茂七の乱ギルランダイヨ清水峠正徹物語宗長

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation