@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オークニー諸島【オークニーしょとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オークニー諸島
オークニーしょとう
Orkney Islands
イギリススコットランド北岸沖にある島群。単一自治体(カウンシルエリア council area)。行政府所在地カークウォール。旧オークニー県に属する。大小 70以上の島からなり,スコットランド本土からは幅 10~15kmのペントランド海峡によって隔てられる。島群は主島メーンランド(ポモナ島),北部諸島,南部諸島の 3群に大別される。砂岩,石灰岩,火山岩などからなるが,氷河作用の影響を強く受け,全体にゆるやかに起伏する低い丘陵地帯となっており,肥沃な漂礫土(ひょうれきど)に覆われたところが多い。主島には氷食湖も発達。主島はカークウォールのある地峡部を挟んでウェストメーンランドとイーストメーンランドに分けられ,イーストメーンランドは南のバレー島,サウスロンルドセー島と堤道で結ばれる。先史時代の遺跡が多く,特にウェストメーンランド西岸のスカラブレー遺跡は,ヨーロッパで最も完全な形で残された後期新石器時代の集落遺跡として,1999年周辺の遺跡とともに世界遺産の文化遺産に登録された。1世紀にはローマ艦隊がやって来たといわれ,8世紀末以降ノール人が侵入して植民し,15世紀まで支配を続けたが,スコットランド王ジェームズ3世の妃となったデンマーク王女マルグレーテの持参金の抵当流れのかたちで,1472年にスコットランド領となった。主産業は農業で,外ヘブリディーズ諸島やシェトランド諸島などにみられる零細小作農経営とは異なり,大部分が自作農経営で機械化も進んでいるため,生産性が高く,スコットランド有数の農業地区として繁栄。主産物は肉牛と卵で,ブタと生乳の生産も大幅に増加している。北海油田の関連産業も重要。面積 990km2。人口 1万9770(2006推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オークニー‐しょとう〔‐シヨタウ〕【オークニー諸島】
Orkneyスコットランド沖合約15キロメートルにある諸島。大小約70の島々からなる。新石器時代の遺跡で知られ、中でも最大の島メーンランド島には代表的な遺跡が残されている。スカラブラエの集落跡、円墳メイズホウ、環状列石リングオブブロッガーストーンズオブステネスは、1999年「オークニー諸島の新石器時代遺跡中心地」として、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

オークニー諸島
おーくにーしょとう
Orkney Islands
イギリス、スコットランド北東端沖合いに分布する約70の島々。本島とはペントランド海峡で隔てられる。スコットランドの一行政区画をなし、面積990平方キロメートル。人口は1万9245(2001)で減少傾向にあったが、近年、北海油田開発の一基地となり、人口はやや増から横ばいの状態である。沖合い油田からのパイプラインの終点の一つとなっている。最大の島はメーンランド島Mainland(ポモナ島Pomonaともいう。518平方キロメートル)で、ほかにおもな島としてはホイ島Hoy(137平方キロメートル)、サンデー島Sandayなどがある。デボン系の旧赤色砂岩によって構成される。最高点は南西部のホイ島のワード丘(145メートル)である。ホイ島を除き、低平で湿地が広がり、樹木はほとんどみられない。近年家畜(ウシ、ブタ、ニワトリ)の飼養が増え、漁業も盛んである。島々には先史時代の遺跡もあり、1468年まではノルウェー人の支配下にあった。[小池一之]
『藪内芳彦著『島――その社会地理』(1972・朝倉書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オークニー諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オークニー諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation