@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オースティン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オースティン
Austen, Jane
[生]1775.12.16. ハンプシャー,スティーブントン
[没]1817.7.18. ウィンチェスター
イギリスの女流作家。人生の傍観者といった立場で,冷静で淡々とした筆致をもって田舎の小社会の人事の機微をこまやかに描いた。若い男女の恋愛や縁談を好んで題材としており,思想的な深みには欠けるが,その鮮明で的確な性格描写,構成の巧みさはイギリス小説中屈指のもの。作品に『分別と多感』 Sense and Sensibility (1811) ,『自負と偏見』 Pride and Prejudice (13) ,『マンスフィールド邸園』 Mansfield Park (14) ,『エマ』 Emma (15) ,『ノーサンガー寺院』 Northanger Abbey (18) ,『説得』 Persuasion (18) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン
Austin, Alfred
[生]1835.5.30. リーズ
[没]1913.6.2. ケント,アッシュフォード
イギリスの詩人評論家ジャーナリスト法廷弁護士として出発,やがて外交問題に関心もちバチカン公会議 (1870) ,普仏戦争 (70~71) では,『ロンドン・スタンダード』紙の特派員となった。 1883年『ナショナル・レビュー』誌の発刊と同時に編集に参画,87年以後8年間主筆。 71~1908年に 20冊の詩集を出版した。散文作品『愛するわが庭園』 The Garden that I Love (94) は広く読まれた。 1896年桂冠詩人となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン
Austin, John
[生]1790.3.3. サフォーク,クレーティンミル
[没]1859.12. サリー,ウェイブリッジ
イギリスの法学者。 16歳のときから5年間軍隊生活をおくったが,1818年に弁護士の資格を取り,法律実務に従事した。次いで 26年に新設されたロンドン大学の法哲学講座担当教授となり,2年間ドイツに留学してドイツ普通法学の方法を学んだ。帰国後,その影響のもとでさまざまな法概念を厳密に分析し,分析法学樹立,自然法論を批判して,法と道徳との区別を明確にし,法を制裁を伴った主権者命令であると定義した。彼の分析的方法は当時のイギリスの法学界では評価されず,後世に残した影響力は妻サラーによる彼の死後著書出版によるところが大きい。書『法理学講義』 Lectures on Jurisprudence (1869) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン
Austin, John Langshaw
[生]1911
[没]1960
イギリスの哲学者。日常言語学派 (オックスフォード学派) に属する分析哲学主著"How to Do Things with Words" (1962) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン
Austin, Mary
[生]1868.9.9. イリノイ
[没]1934.8.13. サンタフェ
アメリカの女流作家随筆家劇作家。旧姓 Hunter。スケッチ集『雨の降らぬ地』 The Land of Little Rain (1903) で名声を博した。ほかに,戯曲をつくる者』 The Arrow Maker (11) ,北アメリカ先住民族 (インディアン) の歌の研究『アメリカのリズム』 The American Rhythm (23) など 32冊の著書と約 200編の論文を出版した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン
Austin, Stephen Fuller
[生]1793.11.3. バージニア
[没]1836.12.27.
アメリカ,テキサスの建設者。同地がメキシコ領域にあった 1820年代に,アメリカからの移民を組織した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン
Austin
アメリカ合衆国テキサス州州都の中南部コロラド川がバルコーンズ急崖を切って平野に出るところに位置する。 1835年に最初の移住が行われた。 39年テキサス共和国の首都となり,49年合衆国の州となったとき,その州都となった。 71年の鉄道の開通,20世紀初めのコロラド川水力発電の開発などにより発展し,種々の軍需工業なども立地テキサス大学 (1881創立) があり,彫刻家のエリザベット・ナイの博物館,O.ヘンリーの旧居 (博物館) も残されており,市立交響楽団がある。州庁舎は,ワシントン D.C.の国会議事堂に次ぐ大きさ。 1980年代にはコンピュータ関連企業や事業所,各研究機関が進出し,90年代になると世界の先端技術産業地域として脚光を浴び,経済と雇用の拡大が進んでいる。人口 79万390(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン
Austin
アメリカ合衆国,ミネソタ州南東部の都市シーダー川にのぞみ,トウモロコシ地帯と畜産地域の中心地で,精肉業をはじめ食品加工業が発達。毎年農業博覧会が開かれる。人口2万 1907 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オースティン(Austin)
米国テキサス州の州都。同州中部にあり、コロラド川に面し、食品加工業などが盛ん。オースチン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン(Jane Austen)
[1775~1817]英国の女流小説家。地方中流階級の生活や人物を諧謔(かいぎゃく)をまじえて描いた。作「高慢と偏見」「エマ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン(John Austin)
[1790~1859]英国の法律学者。実定法の体系的、論理的分析を課題とする分析法学を樹立した。著「法理学の職分規定」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オースティン【Austin】
アメリカ合衆国テキサス州中央部にある同州の州都。人口51万4000(1994)。1839年,テキサス共和国の首都に選定され,S.F.オースティンにちなんで命名された。しかし,45年にテキサスが合衆国に併合されるまで,政府機関はヒューストンにあった。1930年代のコロラド川開発計画と40年代の軍事産業が興るまでは,州の政治商業,教育の機能をもっていただけであったが,その後,工業活動も重要となった。家具煉瓦食料品綿実油皮革製品工場や,多数の電気機械科学の研究所がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オースティン【Jane Austen】
1775‐1817
イギリスの女流小説家。地方地主社会の娘たちが似合いの相手と結婚するまでの話を日常生活の中で,機知ユーモア,正確な人間観察を織りまぜつつ淡々と描くその6編の作品は,小説の一つのあり方の模範として,今日でも最高の評価を得ている。イングランド南部ハンプシャーの村の牧師の娘として生まれ,才能豊かな多くの兄弟や姉とともに育った。12歳ごろからすでに家族を楽しませるための喜劇的な物語やパロディを書き,ノートに清書したものが今日でも残っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オースティン【John Austin】
1790‐1859
イギリスの法学者。軍人,弁護士を経て1826‐32年ロンドン大学の法理学教授。その間ドイツに渡り,ローマ法およびドイツ概念法学の方法を学ぶ。同大学を辞任した32年に《法理学の領域決定》を著した。ベンサムおよびJ.ミルの影響を受け,功利主義を基調にもちつつ,法実証主義理論を説き,典型的な法命令説(法は命令の一種であるとする考え方)を展開した。彼の理論は,死後,未亡人サラーによる同書の再刊(1861)およびJ.S.ミルのノートの助けをかりて著された《法理学講義》の刊行(1863)以後有名になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オースティン【John Langshaw Austin】
1911‐60
イギリスの哲学者。ランカスターに生まれ,オックスフォード大学で古典学,哲学を修め,1952年同大学ホワイト記念道徳哲学教授,在任中に病没。第2次大戦後のイギリスの哲学を代表する哲学者であり,ライルエアーストローソン,H.L.A.ハートらとともにオックスフォードの哲学の地位を世界的なものにすることに貢献した。とくに,日常言語の厳密な分析を哲学の課題とする日常言語学派の中心的指導者として大きな影響力をもった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

オースティン【Stephen Fuller Austin】
1793‐1836
アメリカ合衆国,テキサス州の創立者。1821年メキシコ領テキサスを訪れ,300世帯分のアメリカ人入植者の開拓地を確保し,34年までに約750世帯のアメリカ人を入植させた。入植者とメキシコ政府との対立によって始まったテキサス独立戦争(1835‐36)中はアメリカ政府の援助を求めた。独立後のテキサス共和国大統領選挙ではS.ヒューストンに敗れたが,国務長官に任命され,共和国の連邦加入に尽力,間もなく死去した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

オースティン【Jane Austen】
1775~1817 イギリスの女流小説家。日常の家庭生活をユーモアと風刺をまじえて描いた。代表作「高慢と偏見」「エマ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン【Austin】
アメリカ合衆国、テキサス州の南部にある州都。タイル・煉瓦れんがなどの製造が盛ん。近年は情報技術産業が急速に発展。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン【Austin】
John A. 1790~1859 イギリスの法哲学者。法は主権者の命令の一種とする法命令説を展開。実定法を対象に、法体系のもつ基本的諸概念の客観的分析を行う分析法学を創始。著「法理学の領域決定」「法理学講義」
John Langshaw A. 1911~1960 イギリスの哲学者。日常言語学派の中心的指導者。言語行為という概念を提出。著「言語と行為」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オースティン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オースティンの関連情報

関連キーワード

ゲーテプガチョフの乱シェリダンワイマールザーヒル・アルウマルブルーメンバハモントゴメリーロイヤル・コペンハーゲン磁器アメリカ独立革命ガルバーニ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation