@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オータン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オータン
Autun
フランス中部,ソーヌエロアール県,ルクルーゾー北西約 28kmにある町。モルバン山地で飼育される家畜の市場で,繊維・皮革木材金属工業の中心でもある。ガロローマ時代からの町で,その時代の劇場や城門 (3世紀) などが残っている。聖ラザール大聖堂 (1020~1146以後) は特にロマネクス様式彫刻で知られる。人口1万 9129 (1982) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オータン(Autun)
フランス中東部、ソーヌ‐エ‐ロアール県の都市。同県の副県都。古代ローマ時代に築かれた円形劇場、サンタンドレ門、アルー門、ジャニュ寺院が残っている。12世紀に建造されたサンラザール大聖堂の建築、彫刻はロマネスク様式傑作として知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オータン【Autun】
フランス東部,ソーヌ・エ・ロアール県にある小規模の工業都市。人口約2万3000(1982)。ローマ皇帝アウグストゥスの建設になり(町の古名Augustodunumは彼にちなむ),ガリアのローマともいうべき地位を占めていた。そのなごりは,サンタンドレ門,アルー門,ガリア最大の劇場跡などにみられる。マルセイユからもたらされたラザロのものと伝えられる聖遺物を収めるため,12世紀初めに建立されたサン・ラザール大聖堂は,失われたクリュニー第3聖堂の様式を踏襲するブルゴーニュロマネスク建築の代表例。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オータン
おーたん
Autun

フランス中東部、ソーヌ・エ・ロアール県の副県都。人口1万6419(1999)。マコンの北西82キロメートルにある。円形劇場とサンタンドレ門、アールックス門を含むローマ遺跡がある。12世紀のサン・ラザール寺院の建築・彫刻は有名。布地、カーペット、機械類、暖房器具が生産される。ローマ人にアウグストドゥヌムAugustodunumとよばれ、商業と学問の中心であった。5世紀初頭から9世紀まで異邦人にしばしば襲撃され、重要性を失った。

[大嶽幸彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オータン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オータンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation