@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オートクレーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オートクレーブ
autoclave
加熱圧力釜のこと。実験室用から工業用まで種々の大きさのものがある。通常内部に入れる物質液体であり,攪拌装置が設けられていることが多く,取りはずし可能なふたには圧力計温度計安全弁などが設置されている。化学工業では高圧で回分化学反応操作を実験的に行うときによく用いられ,また医療器具滅菌のためには,内圧を2気圧ぐらいにして蒸気温度を 120℃程度に到達させ,その中に器具を 15~30分入れておく。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

オートクレーブ(autoclave)
内部を高圧力状態にすることができる耐圧性の高い容器や装置。加圧下における化学合成や化学反応、医学・生化学分野の滅菌処理などに用いられる。また圧力鍋も原理的にオートクレーブの一種といえる。耐圧釜高圧釜高圧滅菌釜

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

オートクレーブ
 高圧滅菌器,耐圧釜,加圧釜ともいう.内部を高圧に維持できる蒸気釜で,蒸気の温度が100℃以上になるため,殺菌力や食品素材を加熱する力が大であることを利用して,殺菌や食品の熱処理に使う.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オートクレーブ【autoclave】
高圧反応がまともいう。たとえば,水素添加のように高温高圧を要し,反応に与える物質の一つが流態の場合に用いられる回分式反応器で,高圧化学の分野で工業的にまた研究的に使用され,とくに実験用には不可欠なものである。立形と横形があるが,その機能構造上種々の差異がある。すなわち,加熱方法として直火式,油浴式(温湯,蒸気,ダウサム,溶融塩などの熱媒体),熱媒体を循環する蛇管(じやかん)式,または電熱線を用いるものなど,加圧方法は外部から圧力を加え,または材料の温度上昇に伴う内圧増加を利用するもの,型式としては静止,内部かくはん型,回転型およびガスかくはん型などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オートクレーブ
おーとくれーぶ
autoclave

高温高圧下で化学反応を行わせるための耐熱耐圧容器。殺菌、抽出などの用途に使われるものもある。ガス漏れや爆発の危険を伴うため、その使用には十分に注意する必要がある。通常は200~500℃、100~1000気圧程度の条件で使われるため、鋼鉄製円筒形で底を丸く絞ったものが用いられる。蓋(ふた)と容器本体の間にはおもに銅製のパッキングをかませ、ボルト締めで固定する。圧力計と安全弁を設け、圧力などの測定は防護壁の外側から観測するようにする。比較的低温低圧で用いるものでは、単に蓋(ねじこみ)と容器だけからなるものもある。反応物によっては、内部をニッケル、銀、白金などで内張りすることもある。静止したまま、あるいは本体を振蕩(しんとう)回転させて用いるものもあり、目的に応じてさまざまな種類がある。微生物学などで用いられる加圧殺菌釜(がま)は、120℃程度での飽和水蒸気圧下で利用する。

[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

オートクレーブ
オートクレーブ
autoclave

高圧化学反応や滅菌を行うための容器で,耐圧がま,加圧がまともよばれ,回分式で操作される.この名称は元来,内容物の温度上昇によりみずから高圧になる点に由来するが,現在では主として外部から気体や液体を注入して圧力を加える型式のものが多く,その圧力は数百 atm,ときには数千 atm に達するものもある.かくはん方法には,振とう型,電磁かくはん型など種々あり,加熱方法には,電熱式や油浴式などがある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オートクレーブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オートクレーブの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation