@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オーバークロック【オーバー クロック】

知恵蔵

オーバークロック
CPU等の動作速度(クロック周波数)をカタログ値より上げ、高速に動作させる行為。「クロックアップ」とも呼ばれる。パソコンのCPUの場合、BIOSの設定を変更するなどして外部から強制的に動作クロック周波数を上げられる場合がある。クロック周波数を上げるとCPUの消費電力や発熱量が増えるため、コンピューターの電源供給や放熱の能力に余裕が必要となる。当然ながらCPUやパソコンなどのメーカーの保証外となる行為で、CPUの発熱過多による熱暴走などによってパソコンがハングアップする、負荷が耐久度を超えCPUが壊れるなどのリスクがある。インテルが2008年に発表したCore i7に搭載された「ターボ・ブースト・テクノロジー」は、必要な時だけオーバークロックを行う機能と考えることもできる。
(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

オーバー‐クロック(over clock)
コンピューターのマイクロプロセッサーなどの動作周波数(クロック)を定格以上に引き上げ、動作速度の向上を図ること。オーバークロッキング。クロックアップ。→オーバークロッカー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

オーバークロック【over clock】
CPUなどの動作周波数(クロック)を定格以上に引き上げること。一般的に動作周波数が高いものほど処理速度が速いが、定格以上に動作させると耐久度を超えた負荷がかかるおそれがある。これによる破損はメーカー保証の対象外になる。◇「クロックアップ」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーバークロック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オーバークロックの関連情報

関連キーワード

マルチコアマルチコアキャッシュメモリープログラム言語Core i7動作周波数HyperTransportチップセット仮想化

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation