@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オーラール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オーラール
Aulard, François-Alphonse
[生]1849.7.19. シャラント,モンブロン
[没]1928.10.23. パリ
フランスの歴史家。フランス革命研究家。パリ大学教授 (1887~1922) 。雑誌『フランス革命』の創始者。フランス革命の研究に科学的分析方法を初めて導入したが,弟子であった A.マティエと,G.ダントン,M.ロベスピエールの評価をめぐって論争し,ついに師弟関係の崩壊にまでいたった。主著『フランス革命政治史』 Histoire politique de la Révolution française (1901) ,『フランス革命と封建制度』 La Révolution française et le régime féodal (19) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オーラール【Alphonse Aulard】
1849‐1928
フランスの歴史家。とくにフランス革命史の研究を厳密な史料研究の上に基礎づけた。1886年,パリ大学(ソルボンヌ)にフランス革命史講座が設置されたとき,その初代担当教授となり,多くの史料集や著作を刊行した。その主著は《フランス革命の政治史L’histoire politique de la Révolution française》(1901)で,フランス革命を1789年の人権宣言原理の実現過程として理解しようとした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オーラール
おーらーる
François Victor Alphonse Aulard
(1849―1928)

フランスの歴史家。1886年ソルボンヌ(パリ大学)にフランス革命史の講座が創設されたとき担当教官に招かれ、1922年退職するまでフランス革命史の研究、講義、指導に専念するとともに、フランス革命史協会およびその機関誌『フランス革命』の責任者として活動し、革命の実証的研究の基礎を置いた。代表作『フランス革命政治史』(1901)にみられるように政治史家で、とくに文献史料の批判を重視し、多くの革命関係史料集を出版した。『ジャコバン協会』(1889~98)、『公安委員会の記録集』(1889~1923)のほか、テルミドール反動期から第一帝政までのパリ市の史料集などがある。彼によって革命研究の学問的基礎が置かれたといえる。

[前川貞次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーラール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オーラールの関連情報

関連キーワード

三月革命リストクールベジェームズKポーク切絵図クールベワーグナーストウクスベリテストビードビッテ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation