@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オールコック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オールコック
Alcock, Sir John Rutherford
[生]1809.5. ロンドン
[没]1897.11.2. ウェストミンスター
イギリスの初代駐日全権大使。初め外科医を志し,軍医として従軍,のち極東に関心をもち,1843年清国に渡り,各地領事を歴任。関税行政を改革し,アロー号事件 (→アロー戦争 ) で武力政策をとる。 59年6月,開国直後の日本に赴任攘夷派浪士の襲撃 (→東禅寺事件 ) や条約批准の延引など,困難な対日政局に対処して列国使臣団に指導的地位を占めた。 64年,攘夷派の拠点長州に対し,列国艦隊を率いて総攻撃を加え,事態の打開に成功したが,本国政府の承認を得ていなかったので解任され,まもなく駐清全権公使となった。著書大君』 The Capital of the Tycoon (2巻,1863) は有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

オールコック Alcock, Sir John Rutherford
1809-1897 イギリスの外交官。
1809年5月生まれ。はじめ外科医,34歳で外交官となる。安政6年(1859)初代駐日公使。東禅寺事件で水戸浪士におそわれるが,難をまぬかれた。元治(げんじ)元年四国艦隊下関砲撃を主導したため,本国に召還された。1897年11月2日死去。88歳。イーリング出身。著作に「大君(たいくん)の都」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

オールコック【Rutherford Alcock】
1809‐97
幕末期の駐日イギリス公使。まず医師として出発したが,1844年に中国の福州領事に任命されたのを皮切りに外交畑に転じ,その後上海,広東の領事をへて,58年(安政5)に初代の駐日総領事となり,翌年江戸に着任,また同年初代の公使に昇格した。滞日中の活動のうち,もっとも記憶に残るのは,64年(元治1)の夏,日本の全支配層に攘夷の不可能なことを徹底させるべく,フランス,アメリカ,オランダの3国の代表と語らい,四国連合艦隊による下関遠征を組織し,攘夷の先駆けをもって任じる長州藩を武力によって屈服させたことであろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

オールコック
おーるこっく
Sir John Rutherford Alcock
(1809―1897)

幕末の駐日英国外交官。5月(日不明)ロンドン郊外イーリングに生まれる。外科医師となり、1832年から4年間英国軍医として各地に勤務、のち極東に関心を抱き、1844年清(しん)国に渡り、福州領事、上海(シャンハイ)領事を歴任。1858年12月21日駐日総領事に任命され、1859年6月26日(安政6年5月26日)江戸高輪(たかなわ)東禅寺に着任、同年12月1日(11月8日)駐日特命全権公使に昇格、列国公使の対日外交の主導的地位を占めた。1861年7月(文久元年5月)の第1回東禅寺事件など攘夷(じょうい)運動につき幕府にその制圧を求める一方、幕府の開市開港延期提案には同意し遣欧使節の派遣を勧告した。1862年3月(文久2年2月)賜暇帰国、1864年3月2日(文久4年1月24日)帰任、この年列国艦隊を率いて攘夷派の拠点長州を総攻撃したが、外相ジョン・ラッセルの承認が得られず12月24日(元治元年11月26日)解任され帰国した。1865年4月から1871年7月まで清国駐在特命全権公使を務め、退官帰国後は医事、文化、植民の業務に従い、1897年11月2日、ロンドンで死去した。日本見聞記に『The Capital of the Tycoon』(New York, 1863)がある。

[金井 圓]

『山口光朔訳『大君の都――幕末日本滞在記』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

オールコック
Sir Rutherford Alcock
1809〜97
幕末のイギリス人外交官
初め中国に駐在。1858年駐日総領事として来日。翌年公使となり駐日外交団の主導権を握り,横浜開港にあたり貨幣交換問題・外人殺傷事件などにつき幕府に強硬態度をとった。'62年帰国し,幕府と本国のロンドン覚書調印を仲介,同年再び来日。四国連合艦隊による下関砲撃(➡ 四国艦隊下関砲撃事件)を唱して活躍した。著書に『大君の都』。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オールコック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オールコックの関連情報

関連キーワード

カルル13世国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation