@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

オーレリア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

オーレリア
Aurélia ou le Rêve et la vie
フランスの詩人小説家 G.ネルバルの最後の小説。副題「夢と人生」。 1855年刊。彼を自殺に導いた狂気発作合間に書かれ,夢と現実が錯綜した想的世界が描かれている。永遠の恋人のイメージを夢の中に捜し求めていくうち,現実の女性よりさらに真実な幻の女性オーレリアが現れ,それを追って詩人はの世界に入っていく。不安と絶望,そしてある種の甘美の交り合った純粋澄明な文体は,神秘的な内容とともにこの作品の魅力となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーレリア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

オーレリアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation