@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カイヤット【かいやっと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カイヤット
かいやっと
Andr Cayatte
(1909―1989)
フランスの映画監督。1940年代から1970年代にかけて活躍した。カルカソンヌ生まれ。弁護士出身で、社会正義をテーマとした作品を数多く手がけた。弁護士として働きながら、6本の小説を書き、マルク・アレグレMarc Allegret(1900―1973)監督の『俳優入門』(1938)の脚本を書いたのをきっかけに映画界に入った。1942年に『偽りの情婦』で監督デビュー。1950年に裁判所を舞台にした『裁きは終わりぬ』はベネチア国際映画祭で金獅子賞、ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した。その後死刑をテーマにした『我々は皆殺人者である』(1952)、誤って殺人を犯す若者たちを描く『洪水の前』(1954)を発表し、法廷三部作といわれた。カイヤットもオータン・ララやドラノワと同じく、ヌーベル・バーグの監督たちから、古臭いアカデミズムの監督として非難された。遺作は1978年の『問題の愛』。[古賀 太]

資料 監督作品一覧(日本公開作)

貴婦人たちお幸せに Au bonheur des dames(1943)
火の接吻 Les amants de vrone(1949)
二百万人還る Retour la vie(1949)
裁きは終りぬ Justice est faite(1950)
洪水の前 Avant le dluge(1954)
黒い書類 Le dossier noir(1955)
眼には眼を Oeil pour oeil(1957)
両面の鏡 Le miroir deux faces(1959)
ラインの仮橋  Le passage du Rhin(1960)
俺は知らない Le glaive et la balance(1963)
シンデレラの罠 Pige pour Cendrillon(1965)
愛のためいき La vie conjugale(1966)
先生 Les risques du mtier(1967)
カトマンズの恋人 Les chemins de Katomandou(1969)
愛のために死す Mourir d'aimer(1971)
愛の終りに Verdict(1974)
愛の地獄 A chacun son enfer(1977)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カイヤット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カイヤットの関連情報

関連キーワード

清水宏大庭秀雄ファッション・ブックマキノ雅広島津保次郎新体制運動豊田四郎ヒッチコックフォード(John Ford(1895―1973))アフリカン・アメリカン音楽

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation