@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カイラーサナータ寺【カイラーサナータじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カイラーサナータ寺
カイラーサナータじ
Kailāsanāta Temple
ヒマラヤ山脈カイラーサ山に住むというシバ神カイラーサナータをまつるヒンドゥー教寺院。インドエローラカーンチプラムに代表的実例が見られる。エローラ石窟の第16窟にあたるカイラーサナータ寺は,ラーシュトラクータ朝のダンティドゥルガが 8世紀前半に造営したもので,山裾の天然の岩から全体を彫り上げており,正面から重層楼門,ナンディン牛祠堂(→ナンディー),拝殿,本殿と続き,屋根はピラミッド状を呈する。全体の規模は横幅 53m,奥行 90m,高さ 33mに及ぶ。(→ドラビダ型建築

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいらーさなーたじ【カイラーサナータ寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カイラーサナータ寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カイラーサナータ寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation