@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カインツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カインツ
Kainz, Friedrich
[生]1897.7.4. ウィーン
[没]1977.7.1. ウィーン
オーストリアの哲学者,美学者。 1939年ウィーン大学教授。主著"Personalistische Ästhetik" (1932) ,"Vorlesungen über Ästhetik" (1948) ,"Psychologie der Sprache" (1941~69) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カインツ
Kainz, Josef
[生]1858.1.2.
[没]1910.9.20.
ドイツの俳優。マイニンゲン劇場で修業し,ウィーンやドイツ各地で出演。 1883年ベルリンのドイツ座に,99年にはウィーンのブルク劇場に移る。美声とよく通るせりふ,役柄の深い把握によって,すぐれた演技を見せた。ハムレット,ロミオ,シラノなどが持ち役。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カインツ【Josef Kainz】
1858‐1910
1880年代から20世紀初頭のドイツ演劇界を代表する名優。シェークスピア,シラー,ゲーテなどの古典劇の主役を演じ,その巧みな性格描写と絶妙な科白(せりふ)まわしで一世を風靡した。主としてベルリンのドイツ座に出演していたが,勃興しつつある自然主義演劇とは肌合いがあわず,O.ブラームのドイツ座を去り,1899年以降はウィーンのブルク劇場により,独自の演技様式を確立した。【上田 浩二】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カインツ
かいんつ
Joseph Kainz
(1858―1910)
ドイツの俳優。ハンガリーに生まれる。マイニンゲン公劇団で修業し、1874年ウィーンでデビュー、80年にはミュンヘン宮廷劇場に移り、バイエルン国王ルードウィヒ2世と親交を結んだ。83年新設のベルリンのドイツ座に出演、名女優アグネス・ゾルマと競演して全盛期を築き、99年にはウィーンのブルク劇場に迎えられた。この間アメリカ巡演を試み、92年にはハムレットを演じて大当りをとっている。役柄は広く、とくにシェークスピア、シラー、グリルパルツァーの主人公を得意とし、絶妙な台詞(せりふ)回しと心理描写によって、自然主義出現前のドイツ劇壇に一時代を築いた。[大島 勉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

カインツ
生年月日:1897年7月4日
オーストリアの哲学者,美学者
1977年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カインツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カインツの関連情報

関連キーワード

国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学ストリンドベリマラルメ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation