@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カウンターパーチェス【かうんたーぱーちぇす】

知恵蔵

カウンターパーチェス
輸出の見返りとして義務付けられた、相手国産品の買い付けのこと。外貨不足に悩む国では、海外から機械設備などを輸入する際、外貨がないため、輸出国側に自国産品を買い取ってもらい、それによって代金決済をすることがある。輸出した貨物と全く関係性を持たない相手国産品の買い付けを求められることもあるし、輸出した技術・プラント・機械から生産された製品の買い取りを義務付けられることもある。通常は前者をカウンターパーチェスと呼び、後者生産物分与方式(PS方式=production sharing)あるいは、買い戻し方式(buy back)という。
(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

カウンターパーチェス(counterpurchase)
見返り輸入。プラントなど大型商品の輸出に際し、輸出金額の一定割合を定めて相手国商品を購入すること。CP

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カウンターパーチェス【counterpurchase】
輸出相手国の製品を輸入することを付帯条件として、プラント輸出の契約などを結ぶこと。見返り輸入。 CP 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カウンターパーチェス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カウンターパーチェスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation