@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カカオ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カカオ
Theobroma cacao; cacao
アオギリ科の常緑小高木で,高さ約 10m。熱帯アメリカ原産であるが,現在は熱帯各地に栽培されている。花は大枝に直接つく。直径約 1.5cm,淡紅色で5裂し,花弁はクリーム色で5枚ある。1株に無数の花をつけるが結実は少い。果実は長さ約 10cmの長楕円体状,表面に深い溝がある。中に径 2.5cmほどの種子を多数含む。種子を発酵させたものがカカオ豆で,これを 130~140℃で炒って砕くとカカオペーストがとれる。これはチョコレートの原料となり,またペーストからとれる脂肪がカカオバターで,体温で溶けるため化粧料や坐薬基剤に使われる。バターを除いたものは暗褐色で,粉末にして「ココア」をつくる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カカオ
 [Theobroma cacao].赤道に近い熱帯地方に生育するアオイ目アオギリ科カカオノキ属に属する植物で,果実からカカオ豆をとり,チョコレートやココアの原料とする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カカオ【cacao】
アオギリ科の常緑樹。樹高4~10m。葉は長楕円形,全縁で先がとがり,長さ20~30cm。花は幹に直接多数つき,径1.5cm,萼は桃色,花弁は黄色,5弁からなり基部は帽子状に広がっている。おしべは10本で,うち5本は退化している。年間を通じて開花するが,結実するものは200~300花に1個である。果実は紡錘形で,長さ15~20cm,径7cm,表面に縦溝があり,はじめ緑白色から濃黄色となり,熟すと赤みをおびる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カカオ【cacao】
カカオの木に同じ。 加加阿とも書く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カカオ
かかお
cacao
[学]Theobroma cacao L.
アオギリ科の常緑高木。中南米原産。樹高4~10メートル、多くの枝を水平に近く張る。葉は長さ20~30センチメートル、幅7~10センチメートルの長楕円(ちょうだえん)形で、短い葉柄があり互生する。花は、幹および太い枝に直接房状に多数つき、小輪で黄色地に赤褐色の線条があり、一年中次々と開き、結実する。果実は長さ約30センチメートルの紡錘形の(さくか)で、表面に縦溝とこぶがあり、初め緑白色で、のちに赤、黄、橙(だいだい)、紫などに熟す。内部は5室に分かれ、白い粘状物で覆われた種子が20~30個ある。
 種子を水につけて発酵させてから干すと赤みを帯び、特有の芳香が出る。これをカカオ豆という。カカオ豆を培煎(ばいせん)し、砕いて殻を除き、すりつぶしてカカオペーストにする。これを圧搾するとカカオバターがとれ、搾りかすがココアである。カカオペーストにカカオバター、砂糖、デンプン、香料などを加えて練り上げるとスイートチョコレートができる。カカオバターはまた化粧品、香料、医薬品の原料にも用いる。カカオにはテオブロミンというアルカロイドが1%程度含まれるが、その刺激興奮作用はカフェインよりは穏やかで、ココアは子供や病人が飲用してもほとんど害がない。
 栽培は、気温28℃以上、年降水量2500ミリメートル程度の高温多湿な気候で、肥沃(ひよく)な傾斜地を好み、赤道を挟んで南・北緯20度内の特定の地域に限定される。繁殖は種子により、普通は4年目から収穫でき、成樹1樹当り年間70~80果が得られる。主産地はガーナ、南アメリカ、西インド諸島である。[星川清親]

文化史

野生種はアマゾンやオリノコ川の流域に分布するが、コロンブスの到着以前に中央アメリカでも栽培下にあり、メキシコではユカタン半島で生産された種子が、メキシコ高原のアステカ人の地域に送られ、飲用され、貨幣の代用に使われた。ヨーロッパには1494年、コロンブスが伝えた。1680年までにフィリピンにもたらされ、熱帯アジアにも広がった。アメリカでカカオ豆が生産されるのは、19世紀以降である。[湯浅浩史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カカオ
〘名〙 (cacao) アオギリ科の高木。中央アメリカ及び南アメリカの原産といわれ、現在ではガーナ、ブラジル、スリランカなど広く熱帯地方で栽培されている。幹は高さ七~一〇メートルに達する。葉は先のとがった長卵形の革質で互生する。花は枝や幹の上に直接開花し、短い柄があり、径約一・五センチメートルの五弁花で淡紅色を帯びる。花後、長さ五~一五センチメートルの紡錘形の果実を結び、熟して橙黄または赤紫色になる。果実は五〇~一〇〇の種子をもち、これを加工し粉末にしてココアをつくる。カフェインを含み、飲料にするほか、主としてチョコレートの原料となる。ココア。ココアの木。
※輿地誌略(1826)二「又に亜墨利加より葛々阿〈樹子の名〉を買、叔箇(ショコランド)〈飲料に点入する薬〉を製す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カカオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カカオの関連情報

関連キーワード

風速津波警報注意報ライフル射撃風の強さケック望遠鏡Keck大津波警報季節風飛込競技松田知幸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation