@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カサリン[アラゴン]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カサリン[アラゴン]
Catherine of Aragon
[生]1485.12.16. スペイン,アルカラドエナレス
[没]1536.1.7. イングランド,キンボルトン
イングランド王ヘンリー8世の最初の妃。キャサリンとも表記される。スペイン王フェルナンド2世イサベル1世末娘で,1501年ヘンリーの兄アーサーに嫁したが,翌 1502年アーサーが夭折したため,1509年義弟ヘンリー8世と再婚した。ヘンリーとの子供はメアリー1世を残してほかは死んだため,男子相続者を欲したヘンリーのは侍女アン・ブリンに移った。ヘンリーは教皇クレメンス7世カサリンとの結婚の無効を訴え,この問題がこじれてイギリス宗教改革の原因になった。カサリンは最後まで離婚の無効を主張したが,ヘンリーは 1531年カサリンと別れ,以後は公の場からも遠ざけた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カサリン[アラゴン]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カサリン[アラゴン]の関連情報

関連キーワード

イギリス史(年表)ボスチューダー朝ヘンリー7世サンガッロリチャード阿蘇惟忠ヘンリー[7世]リチャードウィルソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation