@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カザン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カザン
Cazin, Jean Charles
[生]1841
[没]1901
フランスの画家,銅版画家,陶芸家。 1868年パリの美術学校の校長。 71年イギリスへ行きフラム陶器のデザインを手がけ,また日本の陶器を研究し模作した。主要作品は風景画フェートの記念』『旅の終り』,および宗教的な作品。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カザン
Kazan, Elia
[生]1909.9.7. イスタンブール
[没]2003.9.28. ニューヨーク,ニューヨーク
ギリシア系アメリカ人の演出家,映画監督。4歳のときに一家でアメリカに移住,エール大学に学ぶ。 1932~39年グループ・シアターなどで俳優として舞台に立つ。 1940年代から演出家映画監督として活躍。 1947年ロバート・ルイスらとアクターズ・スタジオを設立。 1962~65年ニューヨークのリンカーン・センターにあるレパートリー劇場の演出に参加,スタニスラフスキー・システムの影響を受けたメソッドに基づき,写実的でありかつ張りつめた内面を描写する舞台を手がけた。代表的演出作品は,T. ウィリアムズの『欲望という名の電車』 (1947) ,『やけたトタン屋根の上の猫』 (1955) ,A.ミラーの『セールスマンの死』 (1949) など。映画では『紳士協定』 (1947) と『波止場』 (1954) でアカデミー作品賞,監督賞をそれぞれ受賞,このほか『エデンの東』 (1955) ,『ベビー・ドール』 (1956) ,『草原の輝き』 (1961) ,自伝的小説をみずから映画化した『アメリカ,アメリカ』 (1964) などを世に送った。マッカーシズムの時代の 1952年みずからの共産党入党歴と党員の名を明かし,以降非難にさらされた。 1999年アカデミー名誉賞を受賞。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カザン
Kazan'
ロシア西部,タタルスタン共和国首都ボルガ川中流部につくられた人造湖の左岸,カザンカ川の流入点にある。 13世紀末タタール人により約 45km上流のカザンカ川沿岸に建設されたが,14世紀末に現在地に移り,やがて成立したカザン・ハン国の首都となって,商業,交易で栄えた。 1552年イワン4世 (雷帝) に攻略され,ロシアに併合された。シベリア開発が始ると東西を結ぶ市の交易中心地としての重要性が高まり,鉄道開通前はモスクワ以東第1の商業・文化中心地であった。 19世紀には軽工業も発展してきた。 1920年タタール自治共和国が成立してその首都となり,交通上有利な位置にあることから発展し,現在タタルスタン共和国の首都としてボルガ川流域の重要な工業都市となっている。主要工業は古くからの石鹸,皮革・製靴,アマ織物,毛皮加工などのほか,機械 (コンプレッサ,工作機械) ,化学 (合成ゴム,プラスチック,有機合成品) ,印刷などである。ロシアの,またタタルスタンの大文化中心地で,レーニンやトルストイの学んだカザン大学 (1804) をはじめ,農業,音楽,化学などの大学,科学アカデミー,オペラやバレエの劇場,交響楽団,博物館などがある。市街は南北約 25kmにわたって延び,以前は氾濫原によってボルガ川からへだてられていたが,人造湖の完成に伴い河水が市街まで迫ったため,低地は高い堤防で浸水から守られている。市内にはクレムリン (城砦,16~17世紀) ,ペテロパブロフスキー大聖堂 (18世紀) などの建築物が保存されている。ボルガ川の重要な河港であるとともに,鉄道交通の要地で,空港もある。人口 114万3546(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カザン(Elia Kazan)
[1909~2003]米国の映画監督・舞台演出家。トルコ生まれ。俳優養成学校アクターズスタジオを創設し、マーロン=ブランドジェームズ=ディーンなどを輩出した。監督作に「欲望という名の電車」「波止場」「エデンの東」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カザン(Kazan'/Казань)
ロシア連邦タタールスタン共和国の首都。ボルガ川中流にある港湾都市。化学・機械工業が盛ん。中世にボルガブルガル人が建設し、15世紀にカザンハン国の首都になった。16世紀にイワン4世に占領され、東方進出の拠点として栄えた。クレムリン(城砦)には16世紀から19世紀にかけて建造された大聖堂、塔、イスラム寺院などがあり、2000年に「カザンクレムリンの歴史的建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。人口、行政区113万(2008)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

カザン
正式社名「株式会社カザン」。英文社名「KAZAN Co., Ltd.」。情報・通信業。平成8年(1996)「株式会社レオ・アペックス」設立。同12年(2000)現在の社名に変更。本社は東京都港区新橋。システム開発会社。業務支援システムの開発を行う。ほかに物流業務請負・出版事業も展開。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カザン【Kazan’】
ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシアの東部,タタールスタン共和国の首都。人口109万8000(1993)。モスクワの東800km,ボルガ川に臨み,水上・陸上交通の要衝で共和国の経済・文化の中心地。機械工業・化学工業・石油加工工業・皮革工業などがさかんで,大学・専門学校が10校ある。タタール人によって13世紀半ばに建設され,15世紀半ばにカザン・ハーン国の首都となり,モスクワ大公国との抗争をつづけたが,1552年イワン4世に最終的に占領された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カザン【Kazan'】
ロシア連邦、タタールスタン共和国の首都。ボルガ川中流東岸にある河港都市。機械・金属などの工業が発達。カザニ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カザン【Elia Kazan】
1909~2003) アメリカの映画監督。舞台の演出家から映画監督に転身。ハリウッドの赤狩りで転向を強いられ、その挫折体験から屈折した作品を撮り続けた。作「波止場」「エデンの東」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カザン
(Kazan') ロシア連邦、タタールスタン共和国の首都。ボルガ川の中流域にある工業都市。文化・経済の中心地であるとともに、交通の要衝。一五~一六世紀にはカザンカン国の首都であった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カザン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カザンの関連情報

関連キーワード

ブラントンシューマン天保の改革シカゴ・ホワイトソックスウィリアムHハリソンブラントンビクトリア(女王)内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家

他サービスで検索

「カザン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation