@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カジカガエル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カジカガエル
Rhacophorus buergeri
カエル目アオガエル科。体長3~7cmで,よりも小さい。体は背腹に扁平でが突き出る。体色は暗緑色または暗灰色。山地渓流にすみ,水辺の昆虫類などを捕食する。産卵期は6~8月で,渓流のよどみのの下などに約 500個のを産みつける。産卵期の雄は美しい声で鳴くので有名である。北海道琉球列島を除く日本各地に分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カジカガエル
かじかがえる / 河鹿蛙
[学] Buergeria buergeri

両生綱無尾目アオガエル科のカエル。本州、四国、九州の山地の渓流に生息する。背面は灰褐色か茶褐色で、大形の暗色斑(はん)が散在する。腹面は白色か灰色。頭胴はやや扁平(へんぺい)である。指端に吸盤をもつ。雄の体長約4センチメートルに対して雌は大きく約7センチメートル。5月ごろから雄は流水中の石の上や河原で鳴き始める。鳴き声はヒュル、ルル……と笛を吹くように聞こえ、河鹿の名はシカの声に似ることに由来する。古くから鳴き声の美しさでよく知られ、飼育する人も多い。卵は黒色で大きく(径2.5ミリメートル)、比較的固いゼリー層に包まれた500個ばかりの卵を含む卵塊がよどみの石の下に産卵される。幼生は口部で岩に吸着することができる。産卵期以外は渓流周囲の陸上で生活し、木に登ることもある。昆虫やクモを捕食する。琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)と台湾に分布するニホンカジカガエルB. japonicaはこれより小形で体長3センチメートル内外。水田や人家周辺の溝にごく普通にみられ、浅い止水に産卵する。

[倉本 満]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カジカガエル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カジカガエルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation