@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カジミエシュ[3世]

世界大百科事典 第2版

カジミエシュ[3世]【Kazimierz III Wielki】
1310‐70
ピアスト王朝最後のポーランド国王。在位1333‐70年。〈大王〉と呼ばれる。これは,〈短身王〉と呼ばれた父と区別するために付けられた〈長身〉を意味する異名が,後に〈偉大〉の意味に解されるようになったもので,それほど,この国王治世は後のポーランド史にとって重要な意味をもつ。13世紀に始まるドイツ人の東方植民によって急激な経済発展をとげたポーランドは,それを契機王国として統一に向かうことになった。1333年に父の死によって王位を引き継いだカジミエシュは,父がなんとか統一した王国を法典の整備(カジミエシュ法典)や貨幣の発行によって統一国家の名にふさわしいものとした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カジミエシュ[3世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カジミエシュ[3世]の関連情報

関連キーワード

ルネサンス史(年表)衣里水酸化リチウムオゴタイ-ハン国アメダスAMeDASバレンタインデー扇ノ山オゴタイハン国宋濂

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation