@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カジメ

日本大百科全書(ニッポニカ)

カジメ
かじめ / 搗布
[学]Ecklonia cava Kjellman
褐藻植物、コンブ目の海藻。一名ノロカジメ。地方によってはアマタともよぶ。下方は1本の細ステッキ状の茎となり、茎の上方は、帯状で肉厚、扁平(へんぺい)な中央葉片と、その左右両縁に十数枚の側葉片からなる葉部をもつ大形の多年生藻。黒褐色を呈し、茎の長さ1メートル以上、全体長2メートル内外になるものも多い。葉部は全面しわがなく平滑であること、また、茎の上部が二叉に分かれないことが特徴。カジメによく似ているが葉面にしわのあるのはクロメE. kuromeといい別種。また、茎の上部が二叉に分かれ、葉面にしわのあるのはアラメで別属。これら3種は、だいたい似たような分布域、生育層をもつ温海性海藻であるが、分布域ではアラメがいちばん広く、岩手県南部まで北上する。一方、カジメは福島県南部止まりで、紀伊半島以西ではカジメよりもクロメが多産するようになる。カジメは多年生藻のため、1年を通じて生育する。とくに春から夏にかけて繁茂し、秋から初冬に胞子を出す。ホンダワラ類とともに藻場(もば)の主要構成藻であり、アワビやサザエなどの主要餌料(じりょう)となる。なおカジメは、カリウム、ヨード、アルギン酸の含有が多く、その製造原料ともなる。カジメは昔から食用にされたといわれているが、現今では、幼体を食用にする地方は多いが、成体を食用にする地方はまれで、味もアラメやクロメに比べて劣る。[新崎盛敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カジメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カジメの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation