@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カジランガ国立公園【カジランガこくりつこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カジランガ国立公園
カジランガこくりつこうえん
Kaziranga National Park
インド北東部,アッサム州を流れるブラマプトラ川の南岸流域に広がる国立公園。面積 430km2。 1974年指定。森林地帯にはヤシ科のラタン (トウ) が茂り,沼地には丈の高いエレファントグラス (ガマの一種) ,岸辺にはヨシが広がる。 500年ほど前まではインドサイの生息地であったが密猟の犠牲となり,絶滅の危機に瀕している。 1916年に狩猟保護区,1950年には野生保護区に指定されたものの,1974年に国立公園に指定されるまではめざましい効果は得られなかった。同様に絶滅の危機に瀕するベンガルトラのほか野生のスイギュウなど 14種の哺乳動物が公園内に生息するほか,100種以上の渡り鳥が飛来する。 1985年世界遺産自然遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カジランガ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カジランガ国立公園】
Kaziranga National Park》インド北東部、アッサム州にある国立公園。ブラマプトラ川南岸の森林地帯や湿地を擁する。インドサイやトラなどの絶滅危惧種が多く生息することで有名。1974年に設立。1985年に世界遺産(自然遺産)に登録。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解

カジランガこくりつこうえん【カジランガ国立公園】
1985年に登録された世界遺産(自然遺産)で、インド東部のアッサム州を流れるブラマプトラ川の左岸に位置する。公園面積の大部分は草原と森林からなるが、雨期になると川が氾濫して、ところどころに沼や湖ができる。密猟によって絶滅の危機にあるインドサイの生息地になっていて、そのためインド政府は、この希少な動物を保護する目的で、1974年にこの地域を国立公園に指定した。生息するインドサイは約1250頭で、ほかにトラ、ヒョウ、スイギュウ、インドゾウなどのほか、ベンガルノガンなどの希少な鳥類も生息している。このような、絶滅の危機にある動物の生息地であり、また、その生息に適した自然環境の保護を目的に世界遺産に登録された。◇英名はKaziranga National Park

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カジランガ国立公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カジランガ国立公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation