@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カスティリア・ラマンチャ自治州【カスティリア・ラマンチャ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カスティリア・ラマンチャ〔自治州〕
カスティリア・ラマンチャ
Castilla-La Mancha
スペイン中部の自治州。 1982年自治州となった。 11世紀にカスティリア王国に併合されたムーア人のトレド王国の範囲にほぼあたり,シウダードレアル,クエンカグアダラハラ,トレド,アルバセテの5県から成る。メセタと呼ばれる中央高原南部に位置し,北はカスティリア・レオン,マドリード両州,南はモレナ山脈,東はイベリア山系,西はエストレマドゥラ州に限られる。中心都市トレド。乾燥が激しく,古来からコルクの産地として知られる。農牧業,林業が中心。トレド周辺は鉱物資源に富み,工業も発達している。面積7万 9226km2。人口 165万 83 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カスティリア・ラマンチャ自治州」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カスティリア・ラマンチャ自治州の関連情報

関連キーワード

鈴木志郎康[各個指定]芸能部門アダムズ(Richard Adams)石井和紘北村太郎蓮實重彦ペトルチアーニスペースシャトル飛行記録トルコおはよう!スパンク

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation