@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カスティリア王国【カスティリアおうこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カスティリア王国
カスティリアおうこく
Kingdom of Castile
イベリア半島のほぼ中央を占めるスペインの中世王国。北部のカスティリアラビエハ(旧カスティリア),南部のカスティリアラヌエバ(新カスティリア)からなる(→カスティリア)。カスティリアラビエハは初めレオン王国に属し,イスラム勢力(ムーア人)との国境沿いに城塞,すなわちスペイン語でカスティリョが多くあったところからカスティリアと呼ばれた。10世紀前半頃より強力に国土回復運動を進めたフェルナン・ゴンサレスの時代にブルゴスを都とするカスティリア伯領として実質的にレオン王国から独立した。11世紀にはドーロ川に達したが,1029年サンチョ3世によりナバラ王国に併合された。1035年のサンチョ3世の死後,息子のフェルナンド1世はカスティリア王国を建国し,レオン王国をも併合した。1085年アルフォンソ6世はムーア人の中心都市の一つトレドを征服し,12世紀中葉にはスペインにおけるカスティリアの政治的優位が確立した。1212年,ラス・ナバス・デ・トロサの戦いでキリスト教諸国は決定的な勝利を収め,フェルナンド3世は最終的にレオン王国を併合,さらにムーア人からコルドバ(1236),セビリア(1238),カディス(1262)を攻略し,アンダルシアの大半を征服した。しかし,グラナダ王国を残して国土回復運動が一応終了すると,王権に対抗して貴族勢力の伸長がみられ,ペドロ1世の専制はカスティリアを政治的無秩序に陥れた。1369年トラスタマラ家のエンリケ2世がカスティリア王として即位した。同王フアン2世の娘イサベル(→イサベル1世)はアラゴン王子フェルナンド(→フェルナンド2世)と結婚,1479年カスティリア王国とアラゴン王国は合併し,スペインの統一が成立した。1515年スペイン側のナバラ王国をも併合し,近代スペインが形成された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カスティリア王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カスティリア王国の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation