@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カソボン

世界大百科事典 第2版

カソボン【Isaac Casaubon】
1559‐1614
フランスのギリシア文学研究家。ジュネーブユグノーの家に生まれ,幼時より父から古典語の手ほどきを受け,1596年モンペリエ大学でラテン文学を講じるかたわら,ギリシア文学を研究。99年アンリ4世の招きでパリに赴き,宮廷講師,1604年王立図書館長次席となり,王の暗殺(1610)後イギリスを訪ね,その地で没した。墓はウェストミンスター・アベーにある。彼の古代文学・歴史作品の校訂注釈の業績は多岐にわたるが,主たるものは《ストラボン》注釈(1587),テオフラストスの《人さまざま》の校訂と注釈(1592),《スエトニウス》(1595),《テオクリトス》異読研究(1596),《アテナイオス》(1597)と注記(1600),《ヒストリアエ・アウグスタエ・スクリプトレス》(117‐284年のローマ歴代皇帝の諸伝記集にカソボンが付した題名,1603),《ペルシウス》(1605),《ポリュビオス》(1609)などの校訂と注釈が挙げられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カソボン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カソボンの関連情報

関連キーワード

エリザベス(1世)ヘルメス・トリスメギストスアンリアミヨガリア信仰告白コロンボピウス4世ベンティボリオアンリ(2世)黒点

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation