@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カタクチイワシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カタクチイワシ
Engraulis japonicus
ニシン目カタクチイワシ科の海水魚全長 18cm。体は長く,吻が突き出る。背部は濃青色腹部銀白色成魚煮干し目刺し,仔稚魚は白子干し(しらすぼし)として広く食用に供される。日本各地沿岸,朝鮮半島,中国,台湾フィリピンに分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カタクチイワシ
かたくちいわし / 片口鰯
anchovy
[学]Engraulis japonica
硬骨魚綱ニシン目カタクチイワシ科に属する海水魚。別名セグロイワシ、ヒシコイワシ(ヒコイワシともいう)。また、下あごの形から関西地方ではタレクチとよぶ所がある。日本各地、朝鮮半島、中国の沿岸に分布する。全長15センチメートルに達し、体は細長くやや側扁(そくへん)する。沿岸性回遊魚でプランクトンを主食とする。産卵期はほぼ周年にわたるが、盛期は春から夏と秋の2回で、北方では産卵期は遅れて盛期も1回である。産卵場は東シナ海、九州近海から北海道周辺までの大陸棚沿岸域。卵は楕円(だえん)形で分離浮性である。成魚、稚魚(シラス)ともに産額が多く、巻網、パッチ網などで漁獲される。煮干し、田作りにされるほか、カツオ一本釣り漁業の活き餌(いきえ)にされ、稚魚はしらす干し、たたみいわしなどにされる。[浅見忠彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カタクチイワシ
 ⇒イワシ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタクチイワシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カタクチイワシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation