@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カタンドゥアネス島【カタンドゥアネスとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カタンドゥアネス島
カタンドゥアネスとう
Catanduanes Island
フィリピン,ルソン島南東部のビコル半島東岸沖にある島。面積 1425km2。周辺の小島とともにカタンドゥアネス州を構成。州都は南岸にある主要港ビラク。なだらかな丘陵から成り,ココヤシ,イネ,マニラアサ,ヤムイモが栽培される。住民はビコル語を共通言語とする。州面積 1512km2。州人口 18万 7000 (1990推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カタンドゥアネス‐とう〔‐タウ〕【カタンドゥアネス島】
Catanduanes Island》フィリピン、ルソン島南東部の東方沖に浮かぶ島。カタンドゥアネス州に属す。州都南端ビラク。マケダ海峡で隔てられたルソン島の都市タバコ航路で結ばれる。沃な土地が広がり、米、ココヤシアバカマニラ麻)などを産する。東岸のプラランビーチはサーフィンなどのマリンスポーツが盛ん。カタンドアネス島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタンドゥアネス島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カタンドゥアネス島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation