@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カタン糸【カタンいと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カタン糸
カタンいと
cotton thread for machine sewing
の一つ。針穴との摩擦によく耐えるようパラフィンを溶かしたを用いて磨き処理を施し,糸の表面平滑にしてある。ミシン糸,穴糸,縫糸に使われる。 50番,60番の需要が特に多く,50番以上の糸にはエジプト綿を主原料としたコーマ糸を使用。カタンは英語のコットン cottonのなまり。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カタン‐いと【カタン糸】
《カタンはcotton》ミシン用の細い木綿糸。縒(よ)りをかけた糸にガス焼き・漂白・ろう引きなどの加工を施したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カタンいと【カタン糸】
ミシン糸に使われる強い綿糸。カタンはコットンのなまり。1812年にスコットランドで初めて作られ,日本へは大正時代中期にミシンとともに輸入され,1935年ころから国産された。強伸度を増すため,紡績工程でコーマ掛け(くしけずり)した綿糸を2本撚(よ)り合わせ,この加撚した糸をさらに3本撚り合わせてある。たとえば実質番手約20番のカタン糸(60番カタン糸)の構成は120’S(120番手の単糸を表す)の綿糸を2本撚り合わせ(120’S/2≒60番),さらにこの糸を3本撚り合わせ(120’S/2/3=60’S/3≒20番)て作られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カタンいと【カタン糸】
カタンは cotton から
ミシン縫い用の木綿糸。撚りをかけた糸にガス焼き・漂白・糊付け・つや出しなどの加工をしたもの。糸の太さにより番号が付けられている。
手縫い用、手編み用の木綿糸。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カタン糸
かたんいと
cotton sewing thread
カタンはコットンcottonのなまった語といわれるが、綿糸の手縫い糸、手編み糸にも用いられ、現在では広く絹、合繊を材料とした縫い糸をも包括し、主としてミシン用縫い糸をいう。各種の撚(よ)り糸があり、単糸を2本または3本あわせた二子糸、三子糸のほか、コード糸とよばれる二子糸の3本撚り、三子糸の3本撚りがある。いずれもエジプト綿か上質の米綿のコーマ糸を用い、次のような仕上げ加工により種類が異なる。(1)せっけん、白蝋(はくろう)などの油脂を加えたデンプン糊(のり)を施した糸を、ロール機、ブラシ機などで十分に張力を加えて摩擦し、磨きを行って艶(つや)をつけたグレース。(2)艶をつけずに、柔軟な糊仕上げをしたソフト。(3)糸に強い張力をかけながら、カ性ソーダ溶液中を通過させたマーセライズ(加工前にガス焼を行うこともある)。
 綿カタン糸の番手は一般の綿糸の番手と異なり、JIS(ジス)(日本工業規格)では次のように定められている(N=カタン糸番手、a=合糸数、b=原糸番手)。

 6番、8番、10番、その後は10番刻みで120番まで使われる。家庭用、工業用など用途に応じ、スプロールに平行に巻いた駒(こま)巻きと、紙筒に綾(あや)がけに巻いた綾巻きがあり、糸長も多様である。各種色糸がある。[岡田浩海]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カタン‐いと【カタン糸】
〘名〙 (カタンはcotton) 木綿単糸を数本縒(よ)り合わせたもの。
① レース編みなどに用いられる、太手の木綿糸。〔毛糸編物独案内(1888)〕
② ミシン用の縫い糸として用いる細手の木綿糸。縒りが強く、表面がなめらか。
※児童工業物語(1928)〈原田三夫〉一九「元来この糸はミシン用のもので、英語でミシン・コトンといったのですが、これがカタン糸と呼ばれるやうになったのです」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタン糸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カタン糸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation