@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カタール国営石油【カタールこくえいせきゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カタール国営石油
カタールこくえいせきゆ
Qatar Petroleum; QP
カタールの国営石油会社。1974年に設立され,国内の石油探鉱から生産・精製まで全部門を管理している。カタールの石油産業は,1935年に BPの前身アングロ・ペルシアン石油がカタールの石油開発権を付与されたことから始まった。このアングロ・ペルシアン石油の子会社カタール・ペトロリアムカンパニーと,1952年にカタール沖合いの開発権を獲得したシェル・カタール・カンパニーが,1973年に国有化されたのち設立された。天然ガスについては,外資企業との合弁で 1984年にカタールガス,1993年にラスガスを設立し,液化天然ガス LNGの生産・輸出を行なっている。日本からも三井物産丸紅などの商社や LNGジャパンなどのエネルギー会社がカタールの LNG開発に参画し,LNGを輸入している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カタール国営石油」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カタール国営石油の関連情報

関連キーワード

神代辰巳藤田敏八ポルトガル文学安野光雅寺山修司ゲンシャー小川国夫北川透河野典生コッポラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation