@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カッサンドル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カッサンドル
Cassandre
[生]1901.1.24. ハリコフ
[没]1968.6.17. パリ
フランスのポスター作家,デザイナー,舞台装置家。本名 Adolphe Jean-Marie Mouron。 1915年にロシアからパリに来て美術を学び,22年以来ポスターを制作。キュビスムの手法などを取入れた斬新なスタイルで『ピポロ』 (1924) ,『エトアール・デュ・ノール』 (27) ,『デュボネ』 (32) ,『レ・バン・ニコラ』 (35) などのポスターを描いた。 33年以後舞台装置を次々と手がけ,36年には活字書体ピーニヨのデザイン,50年には商船プロバンス』号の室内壁画を完成した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かっさんどる【カッサンドル】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カッサンドル
かっさんどる
A. M. Cassandre
(1901―1969)

フランスのポスター・デザイナー、画家。本名Adolphe Jean-Marie Mouron。ロシアのハリコフで生まれ、1915年からパリに定住。斬新(ざんしん)な幾何学的構成で、20年代から30年代にかけてのフランスのポスター界に新風をもたらした。その手法は立体派風とも純粋主義風ともいわれるが、むしろポスターからの「絵画性」を除外して、ポスター独自の世界を築いた点に意義がある。単に構成的であるだけでなく、洋酒会社のポスター(1932)などの奇抜な着想によっても知られている。1936~38年はアメリカで仕事をしたが、帰国後はポスター作家の道を捨て、絵画と舞台装置に専念した。

[高見堅志郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッサンドル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カッサンドルの関連情報

関連キーワード

シカゴ・ホワイトソックス内閣総理大臣正岡子規ウィンザー家オークランド・アスレチックスオーストラリア・ニュージーランド文学クリーブランド・インディアンスストリンドベリニューヨーク・ヤンキースボストン・レッドソックス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation