@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カッシウス・ディオ

世界大百科事典 第2版

カッシウス・ディオ【Cassius Dio Cocceianus】
150ころ‐235
ローマ帝政期の歴史家。小アジアのニカエアに生まれ,コンモドゥス帝治下に元老院議員となる。セウェルス朝期には,194年法務官(プラエトル)に就任し,205年および229年に執政官(コンスル)職にあった。その間,属州アフリカの総督,属州ダルマティアおよびパンノニアの知事を務めた。彼の執筆活動はギリシア語でなされ,セプティミウス・セウェルス帝治世に同帝の夢と前兆を扱った作品に始まった。その後,193年の内乱を扱った作品を執筆中に計画を拡大して建国から229年までを対象とする《ローマ史》の著述心血を注いだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カッシウス・ディオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カッシウス・ディオの関連情報

関連キーワード

ウラン(放射性元素)ウラン濃縮ウラン原子炉ガス拡散法レーザー同位体分離法メトン周期連鎖反応核燃料物質赤穂浪士一覧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation