@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カッテンダイケ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

カッテンダイケ Kattendijke, Willem Johan Cornelis
1816-1866 オランダの軍人。
1816年1月22日生まれ。安政4年(1857)幕府が注文したヤーパン号(のち咸臨(かんりん)丸)で来日。長崎海軍伝習所で榎本武揚(たけあき),勝海舟ら伝習生を教育した。6年伝習所閉鎖のため帰国。のち海相となり,内田正雄,西周(あまね)らのオランダ留学の際,研修の斡旋(あっせん)につとめた。1866年2月6日死去。50歳。カッテンディーケとも。作に「長崎海軍伝習所の日々」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

カッテンダイケ【Willem Johan Cornelis Kattendijke】
1816‐66
オランダの海軍士官。江戸幕府がオランダに注文した軍艦ヤパン号(咸臨丸)を回航して1857年(安政4)長崎に来航。長崎の海軍伝習所で1年余り第2次教育班長として勝海舟,榎本武揚や諸藩の伝習生を教育,日本海軍の創設に尽力した。帰国後,61年海相となり,内田恒次郎,西周ら留学生の研究を斡旋,また開陽丸の建造にも尽力した。《日本滞在日記抄》(《長崎海軍伝習所の日々》)がある。【片桐 一男

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カッテンダイケ【Willem Johan Cornelis Kattendijke】
1816~1866 オランダの海軍軍人。幕府の招きで1857年来日。海軍伝習所で勝海舟・榎本武揚らを教育、日本海軍の創設に尽力。カッテンディーケ。著「長崎海軍伝習所の日々」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カッテンダイケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カッテンダイケの関連情報

関連キーワード

バイロンカッテンデイケプロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争シュポーアホフマンロッシーニグナイストフォルカード

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation