@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カットバック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カットバック
cutback
映画などの手法の一つ。切返しともいい,2つの場所で起っている事件を交互に表現する方法。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カットバック(cutback)
アメリカンフットボールで、ボールキャリアが走るコースをオープン方向から内側へ急角度で変えること。または、それを取り入れた攻撃プレー。
映画・テレビで、ある場面と別の場面、またはもとの場面とを交互に転換する手法。切り返し

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーフィン用語集

かっとばっく 【カットバック Cut Back】
波のカールの部分から離れてショルダーに出すぎてしまうとしまうとサーフボードスピードが落ち、不安定になる。そんなときに、方向転換してカールの方へ戻っていくテクニック。8のを描くようにターンして、後ろのスープに当て込む技をラウンドハウスカットバックと言う。

出典:(株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツ
Copyright(c)2006 i92surf.com All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カットバック【cutback】
切り返し 繰り返しの意
映画で、二つ以上の場面を、長さを変えながら交互に見せて緊張感を高めたりする編集技法。
サッカーで、相手を避けて後方に進路を変えること。
アメリカンフットボールで、ボールを持った選手の走り方の一つ。オープン方向に走っていた選手が突然方向を変えてラインの内側に走り込むもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カット‐バック
〘名〙 (cut back)
アメリカンフットボールで、ボールを持った攻撃側のプレーヤーがいったん外側に走り、途中で急に中央にまわり込むこと。
② 映画やテレビなどで、二つ以上の異なる場面のカットを、交互に写し出す編集の手法。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カットバック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カットバックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation