@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カツラ科【かつらか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カツラ科
かつらか
[学]Cercidiphyllaceae
双子葉植物、離弁花類。落葉高木。カツラ属のみからなり、カツラとヒロハカツラが日本と中国に現生するだけであるが、化石では白亜紀以後多くの種類が知られ、北半球の温帯に広く分布していたものである。雌花は3~5枚の包葉と同数の心皮からなる。これは、1枚の包葉とそのわきの1個の心皮が一つの花で、それが3~5個集まった花序と考えられる。このような構造はヤマモモ科やクルミ科の花の構造と類似し、古い性質を残しているものと考えられる。果実は袋果(たいか)で、多数の小さな翼のある種子をもつ。[山崎 敬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カツラ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カツラ科の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation