@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カディーシャ渓谷〈聖なる谷〉と神のスギの森〈ホルシュ-アルツ-エル-ラーブ〉【カディーシャけいこく〈せいなるたに〉とかみのスギのもり〈ホルシュアルツエルラーブ〉】

世界遺産詳解

カディーシャけいこく〈せいなるたに〉とかみのスギのもり〈ホルシュアルツエルラーブ〉【カディーシャ渓谷〈聖なる谷〉と神のスギの森〈ホルシュ-アルツ-エル-ラーブ〉】
1998年に登録された世界遺産(文化遺産)。カディーシャ渓谷はレバノンの中央部、レバノン山脈のコルネ・エル・サウダ山(標高3087m)の山域にある。ここには、レバノンの象徴として、国旗にも描かれているレバノンスギが自生している。ここに生えているのは樹齢3000年以上2本、1000年以上10本を含む375本である。現在、レバノン国内には、これを含めて1200本程度のレバノンスギがあるだけだが、かつてはレバノン山脈全体を覆っていた。紀元前にレバノンを拠点としたフェニキア人は、このレバノンスギを切り出してガレー船を建造し、地中海に漕ぎ出した。また、レバノンスギから抽出した樹脂は重要な交易品だった。ヘブライ人の国家を築いたソロモン王はレバノンスギを保護し、神殿や宮殿を造る際の建材に用いた。ちなみに、レバノンスギはヒマラヤスギ属に属する樹木であるため「スギ」と訳されているが、日本人にとってはスギというよりはマツに近い樹木である。◇英名はOuadi Qadisha(the Holy Valley)and the Forest of the Cedars of God(Horsh Arz el-Rab)

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カディーシャ渓谷〈聖なる谷〉と神のスギの森〈ホルシュ-アルツ-エル-ラーブ〉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カディーシャ渓谷〈聖なる谷〉と神のスギの森〈ホルシュ-アルツ-エル-ラーブ〉の関連情報

関連キーワード

多和田葉子平山郁夫[各個指定]工芸技術部門サミー ソーサ朝鮮民主主義人民共和国エクソンモービル小渕恵三内閣グリーンランドゴダール(Jean-Luc Godard)植物ホルモン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation