@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カドワース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カドワース
Cudworth, Ralph
[生]1617. サマセット,アラー
[没]1688.6.26. ケンブリッジ
イギリスのケンブリッジ・プラトン学派の指導的哲学者 (→ケンブリッジ・プラトニスト ) 。ケンブリッジ大学に学び,1645年以降同大学教授。 54年にはクライスト・カレッジの校長となる。神秘的理性的なプラトン主義に立ち,ホッブズやスピノザに代表される唯物的無神論論駁,神の永遠なる知性を擁護し,決定論に対しては人間の自由意志確証。また倫理説においては,は理性的存在たる人間が神の意志に従うことによるものと考えた。主著『宇宙のの知的体系』 The True Intellectual System of the Universe (1678) ,"A Treatise concerning Eternal and Immutable Morality" (1731) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カドワース【Ralph Cudworth】
1617‐88
イギリスの神学者,哲学者。ケンブリッジ大学によって,プラトン哲学の再興を志したケンブリッジ・プラトン学派の総帥。永遠の哲学の立場から,カルバン,デカルト,ホッブズらの思想を批判した。主著に《宇宙の真の英知的体系》(1678),《永遠不動の道徳性に関する論考》(1731)がある。父の遺志を広めた娘のダマリスDamarisも有名。【大沼 忠弘】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カドワース
かどわーす
Ralph Cudworth
(1617―1688)
イギリスの哲学者、神学者。ケンブリッジ大学卒業、のち同大学クライスト・カレッジの学長となる。ケンブリッジ・プラトン学派の代表者の一人。未完の大著『宇宙の真の知的体系』(1678)において、ホッブズの唯物(ゆいぶつ)論とスピノザ的な汎神(はんしん)論を無神論として攻撃した。彼は物質と精神を区別し、精神は非物質的であり、真理は永遠なる神の精神のなかの観念であり、これを普遍的理性である人間の精神が把握しうると主張した。彼の認識論にはデカルトの影響が強いが、物心の二元論ではなく、精神的形成力の存在をも認めた点で異なる。道徳説ではカルバン派の主意説を退け、永遠なる道徳法の存在を認める主知主義をとり、また人間の自由も認めた。[小池英光]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カドワース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カドワースの関連情報

関連キーワード

バブーレンフェルディナント2世鳥取(市)小倉祇園太鼓尼崎城犬山城大洲城後陽成天皇周期表

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation