@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カナウジ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カナウジ
Kannauj
インド北部,ウッタルプラデーシュ州中部の町。ガンジス川右岸,カーンプル北西約 80kmに位置。古くはグプタ朝の要地で,7世紀初期にハルシャ朝の首都となり,9~10世紀にはグルジャラプラティーハーラ朝のもとで発展した。町の内外には当時の城や,ジャーミ=マスジッド寺院のほか,古代の仏教遺跡がある。 1194年イスラム勢力により破壊され,以後この町の重要性は低下した。現在は良質の香水産地として知られ,たばこ製造も行われる。人口5万 9650 (1991) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カナウジ(Kanauj)
インド北部、ガンジス川流域にあった都市。7世紀にバルダナ朝の首都となり、12世紀末まで繁栄。カノージ。カーニャクブジャ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カナウジ【Kanauj】
インド北部,ウッタル・プラデーシュ州中央部の地方都市。古名カーニャクブジャ。州最大の工業都市カーンプルの北西約80km,ガンガー(ガンジス)川右岸に位置する。人口4万1000(1981)。7世紀初頭,ガンガー川中流域を統一したハルシャ・バルダナ王の首都として栄えた。8~10世紀のグルジャラ・プラティーハーラ王朝時代に歴代の王が芸術を愛し,ヒンドゥー教とともに仏教も保護したので,町は古代北インドの一大文化中心地となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カナウジ
かなうじ
Kanauj

北インドの古代都市。ウッタル・プラデシュ州中央部、ガンジス川の支流の川岸にあり、古くから名が知られた。サンスクリットではカーニヤクブジャKanyākubja(「腰が曲がった乙女」の意味)という。中国・唐の僧玄奘(げんじょう)は羯若鞠闍と音訳し、曲女と意訳している。6世紀にマウカリ朝の都市であったが、7世紀初めにハルシャが都を設けて大都市として繁栄し、その後600年間北インドの政治、文化の中心地となった。8世紀のヤショーバルマン王を経て、プラティーハーラ朝のもとで栄え、11世紀後半以後ガーハーダバーラ朝の都となり、1118年にガズナ朝の侵略を受け、12世紀末にはゴール朝の軍隊によって征服された。

[山崎利男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カナウジ
(Kanauj) インド北部、ガンジス川の流域、アラハバードの西方にあった古代都市。七~一二世紀に栄え、特にハルシャ王国の首都として知られ、ヒンドゥー文化の中心地であった。古名カーニャクブジャ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

カナウジ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナウジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カナウジの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation