@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カナメモチ

世界大百科事典 第2版

カナメモチ【Photinia glabra Maxim.】
暖地の丘や低山に生える高さ10m以下のバラ科の常緑の低木か小高木(イラスト)。樹皮は灰黒色から黒褐色。葉は互生し,堅くて長楕円形,先はとがり,ふちに細かい鋸歯があり,両面ともまったく無毛で,表面には光沢がある。5,6月ごろ,枝先に白い花が集まって咲く。花弁は5枚で倒卵形おしべは20本。果実は楕円状球形で,秋に赤く熟する。東海地方以西の本州四国,九州に,また中国大陸にも分布する。西南日本では生垣として植えられることが多く,春に出る新葉が赤くて美しいので,アカメモチともいわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カナメモチ
かなめもち / 要黐
[学] Photinia glabra (Thunb.) Maxim.

バラ科(APG分類:バラ科)の常緑小高木。高さ3~7メートル。葉は互生し、長さ1~1.5センチメートルの葉柄があり単葉、長楕円(ちょうだえん)形、長さ5~10センチメートル、縁(へり)に細かい鋸歯(きょし)がある。革質で光沢があり、表面は毛はない。5~6月、枝の先に径約8ミリメートルの白色の5弁花を多数開く。雄しべは20本、雌しべの花柱は2本、子房は毛があり、2室で半下位。果実はなし状果、楕円状球形、径約5ミリメートル、赤く熟す。静岡県以西の本州、四国、九州の山地に生えるが、庭木や生け垣としてよく植えられ、朝鮮や中国、東南アジアにも分布する。新葉が赤色を呈するので、別名アカメモチという。オオカナメモチP. serratifolia (Desf.) Kalkman(P. serrulata Rindl.)はカナメモチより葉が大きく基部が円い。沖縄、台湾、東南アジア、中国大陸に分布し、栽培もされる。中国名を石楠といい、古く日本ではこの字をシャクナゲに誤用したため、現在でもシャクナゲの漢字名としてこの字を慣用とする。カナメモチ属は約60種、おもにヒマラヤから日本にかけて分布し、まれにスマトラ島や北アメリカ、中央アメリカにもみられる。子房は半下位で2枚の心皮の下部は合生し、上部は離生する。

[鳴橋直弘 2019年12月13日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カナメモチ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カナメモチの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation